竹細工・織物

 第22回 手作りフェアin 九州

Dscn1636_2
もう22回も開催されている手作りフェアに初めていってきました。会場のマリンメッセは手芸品等のブースがぎっしりと入っていてとても素敵な作品ばかりで、どれも買いたくなってしまいそうでした。目指していたSAWORIを見つけてその作家さんとお近づきになりました。長い時間会場の中にいて外に出ると目がチカチカしてとても痛く足もがくがくになりました。
何年ぶりかに天神まで出てきたら、バスセンターはいろいろとバージョンアップしていて、道路の花壇もとても綺麗になっていて、こんなに様変わりしているとは・・・浦島太郎状態でした。
来年も足腰を鍛えて手作りフェアに来たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さをり作品展 16年 春

Dscn1067
さをり作品展を田主丸の内山緑地さんぽ道ホールで開催します。耳納山地の中腹のとっても見晴らしのいいところです。さをりをしている仲間たちの素晴らしい作品がたくさん揃います。ぜひ見に来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さをり作品展 15年 秋

Cimg9501
秋のさをり作品展が今年も2か所で行われます。ふくおかさをりひろばの仲間たちのすてきな作品がいっぱいです。
ぜひ見に来てくださいね。
Cimg9505


| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹製の脱衣かご

Cimg9363_3
お泊り頂いたお客さんから竹の脱衣かごを送っていただきました.。帰宅後すぐに作られたそうで緻密に編まれた青竹の色がきれいです。早速お風呂に置くとあかるくなりました。
Cimg9364
竹製の靴べらもちょうど必要だったのでありがたかったです。ガリガリという遊具は珍しく、大人も楽しめるものです。
友人が遊びに来て試して喜んでいました。Aさんありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グレーの糸展 in 笹の湯

Dscn0930
さをり織りで普段あまり使用しないグレーの糸を使って織ってみましょうという企画で仲間が出来上がった作品を持ち寄り田主丸町の笹の湯のホールに展示しました。縦糸の約70%をグレーの糸で横糸は自由と言う課題でした。
出来上がったそれぞれの作品はグレーがかったもの、縦糸がグレーとは想像もつかないような明るいものとそれぞれ素晴らしい作品ができあがっています。9日の午前中まで展示されています。会場の笹の湯は温泉も人気ですし、
手ごろな値段の美味しいメニューがあります。温泉を楽しんでさをり織りも見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さをり作品作り

24日からの作品展に出品する物を作るための追い込みに入っています。このところ毎日、さをり漬けの生活です。かといってたくさんの物がどんどんできるわけではありません。小物は小物なりにめんどうな作業がありますし、服は服で襟ぐりの始末などなかなか大変です。根を詰めて織物をしていると、外に出ると目が疲れているいる感じがします。
Dscn0891
ちょっと前までつつじの花が綺麗でした。今は「あせび」の裏山に大きく枝を張った藤の花が見事です。
Dscn0918


| | コメント (0) | トラックバック (0)

さをり織り指導者養成講座

2015040513310001
柳川市でさをり織り指導者養成講座がひらかれました。大阪のさをりの本部や福岡、熊本、宮崎等のさをりリ-ダー
の方たちが織り、縦糸、仕立ての各班に分かれていろいろな技術を教えてくださいました。
朝7時に家を出て柳川まで1時間半。10時から12時まで講演で、午後からは各班に分かれての講習でした。講演はさをりの歴史、さをりのめざすもので、中身の濃いものでしたが、今朝は4時に激しい雨と雷で目が覚め、睡眠不足で、その上、長距離の運転であくびをこらえるのがやっとでした。でも、この講座に参加して、いろいろな人の作品を見たり、新しい発見があったりと有意義な時間を持てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さをり作品展 15年 春

Dscn0833_2
お待たせいたしました。今年も春のさをり作品展を内山緑地のさんぽ道ホールで開催します。会場は耳納山地の中腹の筑紫平野が見渡せる素晴らしい眺望のところです。さをりの作品を見ていただくのはもちろんですが、周辺にはいろいろなお花や木々があり癒されます。お暇をを見つけて足をお運びください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポーチ作り

Cimg9166
近所の人から頼まれたポーチ5個をやっと裏地をつけるだけになり、ホッとしているところです。親睦会の時に渡したい人がいるから10日までに作ってほしいとのこと。最初作ったものを見てもらうと、「これはちょっと地味すぎる」とのことで、急遽、派手めの織りの残り布で作り直してのものです。70代後半のかたの注文ですが、やはりポーチなどは派手めの方が似合いそうです。最初は写真右側のものを作ってみたのです。ちょっとシックでイイかなと思ってのですが・・・。裏地も赤の中に小さな点が入っているものを選びました。
Cimg9161
今朝は昨夜からの雪が3cmぐらい残っていました。花壇には花をつけたばかりのクリスマスローズが雪の中から顔を出していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古い掛布団

今朝は吐く息がや白くなり、刺すような寒さでした。「あせび」の2階を片付けていると最近時代劇で見たことがあるような掛布団の外側がでてきました。表の生地は絹のようです。早速裂き織りの材料にしようと1cmの幅に裂きました。外は風が冷たく寒いけど、縁側のガラス窓の中はとても暖かく気持ち良かったです。
Cimg9090
たくさん裂いたつもりが、玉にしてみるとちいさいものにしかなりません。何日かこの作業が続くでしょぅ。
Cimg9088_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧