« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

栗坊主

Cimg8626
8月の20日ごろから早生栗の収穫が始まりました。栗は全部綺麗なものばかりでなく、1割弱くらい虫の入ったものがあります。この栗を今まではちょっと茹でて包丁で皮を剥いていましたが、写真のような「栗坊主」という包丁で剥くように栗をそのまま剥ける便利なものを見つけ、それで剥いています。
Cimg8625
最初のうちは使いかってが分からず指を切りましたが、だんだん慣れてきます。
今日は虫の入った栗の食べられる部分を使い、むかごも入れてご飯を炊きました。「栗坊主」がなかったらとても時間のかかる作業ですが、簡単にできました。
Cimg8628

栗とは関係ないのですが、珍しいものを見つけました。
Cimg8596
「あせび」の近くの花壇にヘチマとひょうたんの棚が作ってありましたが、今、次々にかわいくぶらさがっています。
Cimg8598_2
棚の下には色とりどりの花が咲いています。お世話をしている方のあたたかい気持ちが伝わってきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに家もオレオレ詐欺の標的に?

変な電話がかかっていると夫からの電話。中国からの荷物が届いているが高価な物が沢山送られていて税金がかかるかもしれないので、中身を確認してほしいとのこと。さては世情に疎くなった夫もねらわれたかな、それとも、危険ドラッグが問題になって通関がきびしくなったのか。「そちらは税関の方ですか」と私。「いいえ、SFXと言って国際宅配便の会社です」「宅配便の会社が通関の仕儀ともされるのですか」「そうです。うちの会社はその業務も請け負っています。それで送り主に荷物の中身を詳しく尋ねてください」と。それからちょっとして中国の友人から電話で「私にSFXから電話がありましたが、出張で行ったフフホトで買ったものを送ったのですが、中身はいろいろで詳しくは覚えいないです」。それからSFXに「中身を開けてみてください」「中身を開けるにはその申請に2000円ぐらいかかりますけどいいですか」「もちろんです」
そして二日後荷物が無事に着きました。日本のお盆に間に合うように国際宅配便を利用して送ってもらった礼物(プレゼント)はぎりぎりお盆の15日に届きました。それにしても通関業務を民間に委託しているとは意外でした。そしてSFXが中国の国際宅配便であることも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早生栗が落ち始めた

Cimg8609
天気予報は連日の雨マーク。今年の夏はこのままだと夏空がないまま終わってしまいそうですね。一日でもいいから朝からジージーと蝉の声がして、青い空にもくもくと入道雲がわきだし、夕方にはぐんと涼しい風が吹いてくるような、そんな日が来るのを熱望する日々です。
でももう秋がすぐそこまで来ています。早生栗が落ち始めました。今日、福岡市近郊から来られたお客さんは栗ひろいは初めてと言ってはしゃぐように喜んでいただきました。私と同年代の方たちでしたが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチの巣除去  3 除去作業決行

Cimg8574
4日に除去作業をする予定が雨のため延び延びになり、6,7日はお客さんが来られて作業をされず、今日、まだ台風の影響がないうちにしましょうと連絡があり午後2時から始まりました。防護服を着用された方が2人梯子を登って瓦の上へ。それからハチの巣に液体を吹きかけ、遠くで見ていた私にも巣を襲われたハチ達がブンブンと巣の周辺を見えました。少したって1人の方が巣を剥がし取り作業は終わりました。その間20分ぐらいでした。巣を取り除いても戻りハチというのがいて、今外に出ているハチが明日の早朝に巣があった場所に帰って来るそうで、そのハチを駆除するためにトリモチのようなものを付けているそうです。
で、取ってもらった巣は写真のようでした。
Cimg8583
丸く見えた巣は実際はいくつかの層になっています。ハチは死んでいましたが、ハチの子はまだもそもそ動いていました。
Cimg8590
全部ひとつずつ剥がしてみると5層の巣になっていました。
Cimg8589
今日のハチの巣除去作業は蜂の巣駆除マイスターにお願いしました。費用は2万1600円でした。安心してお任せして本当によかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハチの巣除去 2 ハチの巣除去業者

市役所から紹介されたハチの巣の除去作業をしてくれる業者は養蜂業、しろあり駆除業者、専門のハチ駆除業者です。その中で養蜂業をしてある方は距離的に近く、小、中学校の同級生がその会社に嫁がれ今は社長夫人になっているところです。さっそく彼女に電話しました。彼女曰く「スズメバチはとっても怖いよ。うちじゃ、夫があんな危ない作業を従業員にはさせられないと言って、相談があった時は自分でやっているけど、最近は断ることにしてるのよ」とのこと。
ネットで調べて蜂の巣駆除マイスターに行きつきました。最初に本部らしきところから電話があり、その後近くのダスキンから2件留守電が入っていましたので、その一つに電話するとダスキン日田の方でした。迅速に対応していただき、下見に来ていただきました。今日の午後5時半に除去作業をされる予定でしたが雨のため延期になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蜂の巣駆除 1防護服で

「あせび」の2階の庇にスズメバチがドッチボールのボール位の大きさの巣を作っています。その駆除のため市役所に行ってきました。市役所の職員の方が「ちょうど今日返ってきた防護服がありますから持っていかれますか?」と言って箱に入ったものを持ってこられました。「自分でするか、業者に頼むかまだ決めていませんが、とりあえずお借りしていきます」と言って借りてきました。夫は自分はしないというので私がしようかと思って借りてきた防護服を着てみました。防護服は頭の部分とつなぎと手袋、それに長靴でまるで宇宙服のようで、とても重たく30kgはありそうです。動くだけでフラフラしそうで、これを着てのハチの巣の除去作業をするのはとても無理で、あきらめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »