« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

フラダンスの初日


女性センターで今日からフラダンスを習うことにしました。講師の先生は久留米から来ていただいて、その運転手兼生徒さんは筑後市からと遠路はるばるきていただきました。初日の今日は講師1名生徒4名という密度の濃い授業をうけることができました。
まず、準備の体操、先生のようになかなか足が開かない。少しづつ開くようになりますよとの言葉にそんなものかなと納得する。
そして練習が始まった。まず、足の動き。これは単調で覚えやすい。それから手の動き、これは自分ではちゃんと先生と同じ動きをしているように自信をもって動いていたのに右手が左に行き過ぎてます、などと注意され。でもなんとか一通りの動きは覚えました。
日頃使わない筋肉を使うことに気持ち良さ、それにダンスの曲の心地よさ。とても楽しい時間でした。講師の先生
運転手のYさん本当にお疲れ様でした。今夜はCDを存分に楽しみました。次回もよろしくお願いします。
このフラダンスは木曜日の午後1時から3時まで女性センター(朝倉市杷木池田)でやっています。興味のある方一緒にされませんか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

レオ・レオニ展へ ①佐賀県 鳥栖市 新鳥栖駅

澄み渡るように晴れ渡って、どこか行きたくなる天気です。そこで、いつか行こうと思っていたレオ・レオニ展(北九州市立美術館分館)に行ってきました。9時5分自宅を出発、20分かけて高速で鳥栖インターまで行き、ここから34号で新鳥栖駅に行こうと思っていたら、なぜか間違えて3号線に出てしまいました。前回もこの間違いでうまくいかなかったことがありました。3号線にも新鳥栖駅の案内がもっとあればいいのにと思いました。34号線にも直前まで案内がありません。案内は県が設置するのか市がするのか知りませんが・・・。ちょっと不親切かな。佐賀県に不案内な私に責任があるのかもしれませんが。市内を行きつ戻りつしてやっと新鳥栖駅にたどり着き、新鳥栖10時15分発のさくら新大阪行きに乗車。無事10時58分に小倉に到着。レオ・レオニ展のことは次回書くことにして、帰りは小倉発14時18分の鹿児島中央駅行きに乗りました。これで新鳥栖で降りられるとゆったりと車窓の冬日和の風景を眺めていると、もう博多。到着前のアナウンスで「次の停車駅は久留米、久留米です」と聞こえてきました。えっ新鳥栖ではないのか??と思って、また久留米のほうが博多に近かったかなと思ったりしていややっぱり鳥栖のほうが博多寄りだと思って、近くにいた女性に「鳥栖と久留米はどっちが博多に近かったですかね」と尋ねたら「今度が久留米だから久留米でしょう、その次が鳥栖ですよ」と自信を持って言われます。でも違うような気がして周りの男性に聞くと「どっちだったですかね?」真剣に考えてくれているのにわかりません。とうとう降りて車掌さんらしき人に「この列車は新鳥栖に止まりますか?」と聞くと「止まりませんよ。新鳥栖に止まるのはこのホームではなく二つ向こうのホームからの熊本行き各駅停車です」と。冷や汗ものでした。
福岡県の者、筑後地区以外の人はこの辺りは曖昧になってきます。
佐賀県は福岡県と長崎県に挟まれて九州のどのあたりにあるのかはっきりしない人が多いと聞きます。京都に住む夫の友人が京都から、福岡の我が家に高速道で来ていて、基山でカーナビが佐賀県に入りますと言ったのでびっくりしたと言っていたことを思い出しました。同様に私も私の友人も北関東の県の位置が曖昧にしか記憶していないと言い合ったことがあります。また最近の新聞で島根県の位置がわからない人が多いと書いてあり、県の担当職員の方が「いっそ出雲大社県となっていたら覚えていただけたのでしょう」と苦笑していたのが印象的でした。
今日はちょとひやひやすることの多い日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日の雪、今日の快晴

Cimg7506
昨日は、前日の天気予報で雪ということだったので床から起きだしてすぐに外を見ると一面の雪。それも湿った重たい雪が2センチぐらい積もっていました。大分道は通行止。コモンと外に出ると軽トラに積もった雪は今にも落ちそうになっていました。すぐに溶けてしまいそうな雪です。「あせび」の方がもっと積もっているのではと思っていってみるともう溶けかかっていました。あわ雪でした。そして、今朝の朝倉市の気温は-3,7℃。この冬一番の寒さ。そして久しぶりの雲一つない快晴。何度も、何度も「いい天気ねぇ」と会う人と言い合った一日。本当に洗濯日和だったのですが、外出する日でそれもできないで、ちょともったいないような一日でした。
Cimg7509
垣根のサザンカの花に積もった雪もあっという間になくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームベーカリー

月2回、大事なお客さんの要望に応えて昼食を出すことになりました。前回は銀杏料理をというリクエストで茸と銀杏のおこわ、茶わん蒸し、ほろふき大根を食べていただきました。
今日はパン食でということでした。で、10年ぐらい前に買って何回かパンを作ってみてその後、物置に仕舞い込んでいたホームベーカリーを探し出しました。でも使用説明書はすでに失くしており、どうしたものかと考えて、ネットで検索し、このメーカーのホームベーカリーでのパンの作り方に行きつきました。その方法で3日前から2回試作をして、まだこのまま使えることを確認して、当日の今日を迎えました。今日のメニューは食パン、コーンクリームシチュー、サラダ(ポテト、野菜、生ハム、ブロッコリー、アラビキウインナー)、紅茶、ハーブティ。
ちょうど12時に出来上がって、ばたばたと食卓にならべるので写真を撮るのを忘れてしまいます。画像をお見せできないのが残念です。次回は中華を予定しています。今度こそ食べたいなと思えるような写真をアップできるといいのですが。
この企画でホームベーカリーの楽しさを再確認し、週1回ぐらいは朝食をパン食でと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスローズ

Cimg7497
昨日からPM2,5の値が高めになっている九州北部。福岡県のどの観測地点も基準以上の高濃度の値で赤色で表示されています。耳納山地の山々もぼんやりして空との境界もわからないくらいです。天気はいいのに日差しははっきりしない、晴れているのやら曇っているのやら・・・。
今日はクリスマスローズの古い葉っぱを切り落としました。この時期に古い葉っぱを切っておけば、花の時期が早まったり、花の数が多くなるそうです。
Cimg7496
切る前のクリスマスローズの葉っぱ。切り取ると知らないうちにもう新しい葉とつぼみができていました。植物はもう春の準備をしていたのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アフリカ共和国 4 旅程と周辺諸国

Dscn1141
友人が昨年10月から11日間の南アフリカとその周辺国に行きましたが、その旅の情報やこぼれ話を知らせてくれました。
旅程は
   福岡→香港→ヨハネスグルグ→ケープタウン→ヨハネスグルグ→リビングストン(ジンバブエ)

首都のプレトリアからヨハネスブルグまでは車で2時間半、ケープタウンから喜望峰まで1時間

ヨハネスブルグの空港では出入国審査が円滑でなくいらいらさせられ、治安も悪く同じツアーの5人のトランクが空港に着いたときに壊されていたそうです。
マンデラさんの生家はヨハネスブルグ郊外のソウェトという村にあって家もささやかな建物で現在は保存されていて、近くには「ヘクターピーターソン記念館」というアパルトヘイトに関するパネルや動画がたくさん展示されているところがあるそうです。また、マンデラ氏が収容されていたロベン島という島はケープタウンから12キロのところにあり世界遺産になっているとのこと。
南アフリカ共和国には観光地はあまりなく、隣国のジンバブエやザンビアで観光はすることになり、ビクトリアの滝はジンバブエ側からはヘリコプターで観光したそうです。(上の写真)5月ごろの水量の多いときはすごい迫力だそうです。
Photo
ジンバブエのザンベジ川の夕日だそうです。
ジンバブエのインフレは年率10万%とともいわれ卵一個が500万ジンバブエドル、レストランでの軽食を食べていた二人組の支払いが9億5800万ジンバブエドルと考えられないようなインフレだそうで、お札も0の数が8個、10個だそうで、「このお札を買ってくれ」と寄ってくる人たちをあちこちで見かけたそうです。
彼女から紹介された本『特派員ルポ サンダルで歩いたアフリカ大陸』岩波書店 2013年 初版が今日、amazonから届きました。
彼女がアフリカ旅行をしなかったら私はこれほどアフリカに興味をもつことはなかったでしょう。アフリカの国々は私が小、中、高校、それから、その後も国名がいろいろと変わり、名の知れた国以外はほとんどどこになんという国があるのか位置関係もあやふやになったままでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初雪かな

Cimg7474_2
一昨日は思いもよらぬ冬の大雨で、今朝は外がいつもより明るいと思ったら雪。初雪かな、いや昨年ちょっと降ったような気がします。やっぱり雪は積雪しないと雪らしくありませんね。今日は雪がうっすらと積もっていました。こんな日はおこたつでゆっくり過ごすことになります。14日の来客に備えて、彼女のリクエストに応えて、銀杏のメニューを提供する予定で、銀杏を一個一個パチパチと割って外の固い殻をとっていきました。凛とした冬の寒さと静寂の中で銀杏の殻を割る音だけが響き、落ち着いた非日常の世界。こんな日もいいなと考えながら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでとうございます

Cimg7462_2
ブロフ読んでいただいている皆様「明けましておめでとうございます」。今年もよろしくお付き合いお願いします。
と言っても、あっという間にお正月が終わり、今日はもう5日。早いですね。
昨日の朝5時ごろに12個の流れ星を見たという友人からのMAILが届きました。調べてみると「しぶんぎ座流星群」だそうで、1月4日が極大日だそうです。(流星群観測情報というサイトで見られます)
今年は新年早々流星を見られていい年になりそうという友人の運にあやかりたいものです。
今年も皆様にとっていい年になりますように。.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »