« ちょっと早めの忘年会 | トップページ | 銀杏ときのこのおこわ »

裏山の道の木を切ってもらう

Cimg7384
自宅の裏山に細い道があります。この道は近所の方が山の上にある墓に行くときに利用するだけの道です。この道の端に大きなクヌギの木があり、その木が自宅の2階の屋根に覆いかぶさり、強い風が吹いたりすると瓦が擦られたりして家が傷みそうでした。家を建ててくれた大工さんからも早く木を切ったほうがいいですよと言われていたのが延び延びになって今日、知り合いの造園師の方に来ていただいて切ってもらうことができました。
実は最初シルバー人材センターの方に見てもらったのですが、これは難しい、できないとのことでした。今日造園師の方が見えたとき、見ただけで断られるのではないかとハラハラしていましたが、一見するなりあれからあれまでの木ですね。といって作業を開始しました。10数メートルの木にするすると登られて細い先端の枝に足を跨ぎそこをのこぎりで切って行かれます。高所恐怖症の私も夫も下から見上げるだけで、めまいがしそうでした。造園師の方はつぎつぎに木を切り、私たち家族は枝を片づけたりし、無事に大きなクヌギの木が切り倒されました。
するすると木に登り、適当な長さのロープを他の木にそれを投げ渡し、巻きつけ、切った木を引き倒すという行程を繰り返しました。それにしても彼の技はまさのアクロバットでプロの造園師の中のプロでした。

|

« ちょっと早めの忘年会 | トップページ | 銀杏ときのこのおこわ »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478420/54051802

この記事へのトラックバック一覧です: 裏山の道の木を切ってもらう:

« ちょっと早めの忘年会 | トップページ | 銀杏ときのこのおこわ »