« 九重タデ原湿原 | トップページ | 山くらげ »

ななつ星を追いかける

Img_5771
JR九州の超豪華列車ななつ星 in 九州の一番列車が久大線を通るので、見に行こうと思っていました。でもダイヤがなかなか見つからず、いろいろ調べてみて、やっと、JRのHPで、日田14時27分着、14時49分発を発見。
当日の昨日は、三日間続いた晴天後の小雨の降るちょっと残念な天候。14時少し前に夜明大橋のたもとの広場で撮影場所を確認していると、福岡ナンバーの60前後の男性がカメラ片手に対岸を見ています。「ななつ星ですか?」と私。「もう通ったのでしょうかねぇ?」「いえ、まだですよ。日田が27分だからここは20分ぐらいでしょう」「では、待って見ます」
車に戻ると望遠カメラを忘れていることに気づき力が抜けました。気を取り直し、間に合うかどうか微妙なところだけど、すぐ夫に持ってきてくれるように電話して、やっと夫がいや、カメラが列車が通る2分ぐらい前に手元に届きました。そしてカーブを曲がってななつ星の先頭車両の明かりが見えました。「来た」と周りにいる人たちから声が上がり、持っていたカメラのシャッターを押し続けました。ゆっくりとそして堂々とななつ星は夜明ダムの対岸の
国道386線のすぐ上を通過しトンネルへ吸い込まれていきました。後で画像を見ると取り込むはずのダムの水面は列車ばかり見とれて写っておらず、肉眼では全く見ていないことに気付いたのでした。
今度は日田駅で20分停車の間に見ようと駅に。発車6分ぐらい前に停車しているななつ星をじっくり観察することができました。最後尾の車両の後ろの窓は総ガラス張りで通過した風景全体を眺められるようになったいてとても贅沢な作りです。
今日の新聞では浮羽町の保育園の子供たちが列車に手を振り、風船を飛ばしている様子が載っていました。
ななつ星の通過時間、5機のヘリコプターが上空を旋回していたのはこれを空から撮影するためだったのでしょう。

この超豪華列車が海外でも注目されているそうで、九州各地の知名度があがり、外国からのお客さんが増加することになることを願うものです。
Img_5789


|

« 九重タデ原湿原 | トップページ | 山くらげ »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

テレビでKと見ました。
報道もたくさんされていましたね。
それにしても高額ですね!海外旅行にも行ける値段です。

Kは電車好きなので、毎日トーマスのDVDばかり見てます。
駅にもよく電車を見に行きます。

投稿: miz | 2013年10月22日 (火) 13時23分

Kくんは電車を見るのが好きだったですね。トーマスのこと知りませんでした。youtubeで機関車トーマスというのがあったのでこれかなと思いました。列車を見るのは私も好きです。どこまでも行けそうな何か楽しい気分になります。ななつ星は久大線を二度通りますので、金曜日(18日)に浮羽町の踏切で偶然踏切で止まっているところを通過していきました。

投稿: ジャスミン | 2013年10月22日 (火) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478420/53624143

この記事へのトラックバック一覧です: ななつ星を追いかける:

« 九重タデ原湿原 | トップページ | 山くらげ »