« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

作品の搬入

Cimg6835
明日から始まる手織作品展の作品の搬入で会場の内山緑地へ行きました。内山緑地にはずいぶん前に行ったことはありましたが、その当時と大分違っていました。内山緑地内にはたくさんの苗木や花などが展示即売されていました。事務所2階の会場、さんぽ道ホールからの眺めはとても素晴らしいです。西は佐賀県鳥栖市から東は英彦山まで見えます。ぜひ、作品展はもちろんですが、内山緑地の雰囲気も楽しんでいただきたいです。明日からの三日間清清しい晴天になることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この花は何の花?

Cimg6730
一週間ぐらい前、ドライブをしていた時、目に留まった花です。大きな木に咲いていました。普通の家のお庭にぎっしり咲いていて、ちょっと見はコブシのようでした。なんという花でしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

さをり作品展 13年 春

Cimg6782_2
今年も春のさをり作品展を開催します。今年は会場を田主丸町の内山緑地に変更しています。内山緑地は耳納山地の北側にあり筑紫平野を一望できる景色の素晴らしいところです。さをりの作品を見られた後、周辺を散策されるのもお薦めです。ぜひご来場ください。
Cimg6783


| | コメント (0) | トラックバック (0)

タケノコのレシピ

Cimg6767_2
Cimg6768_2 タケノコ掘りに来た知人の家に行くとタケノコ料理を出してくれました。上の写真の下の方はタケノコに自家製のドレッシングをかけたものです。彼女はいつもショウガとニンニクを入れたドレッシングを常備しているそうで、これにごまを振りかけたものです。下の写真は下味を少しつけたタケノコをベーコンで巻いた物だそうです。どちらも珍しくおしゃれな雰囲気です。家のタケノコがこんなセンスのいいお料理に変身させてもらって・・・。

我が家のタケノコ料理は伝統的なと言えば聞こえはいいのですが、いわゆる田舎料理です。
①ゆでタケノコ、シイタケ、ゴボウ、野菜昆布を菜種油で炒めます。
②①に水、醤油、みりん、砂糖を入れタケノコに味がしみるまで煮ます。
③②を別の容器に煮汁を残して移します。
④残った煮汁で里芋、ニンジン、さやえんどうを煮ます。(タケノコと一緒に煮ると煮崩れします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タケノコ掘り体験 

Cimg6724
3日に学校の春休み中にと、タケノコ掘りの体験に来られました。幸いたくさんのタケノコが地面より上に出ていて、「そこにも、あそこにも」と言ってタケノコを見つけては喜んでいました。私が片方の手を持って手伝おうとすると、どうしても自分で掘りたいので、「僕に掘らせて」と言って一生懸命掘ります。掘ったタケノコを背負い籠のところに持って行ったり、兄弟で競うように動き回り働きます。とっても素直なお子さんたちでした。帰りは夫に「じいちゃん、バイバーイ、また来るね」と何度も大きく手を振ってくれました。私達家族もこちらから大きく手を振って車を見送りました。楽しいタケノコ掘りになりました。夫は「俺、初めてじいちゃんと呼ばれたぞ」と嬉しそうでした。そして私はなぜ、ばあちゃんバイバーイにならないのかな、きっとご両親に「ばあちゃんと言ったらいかんよ」と口止めされていたのだろうなぁ・・・と思ったり。じいちゃん、ばあちゃんになるスタンバイはできているけど、アラフォーの娘はまだ未婚。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金色温泉

Cimg6731
昨日から明日は自由になる4時間をどう楽しく充実させて使おうかと、いろいろ大分県の地図とにらめっこしていました。今日は夫の兄の七回忌の法事で夫の実家に夫と義弟(夫の弟)を10時に送り、2時過ぎに迎えに行くことになっているのです。中津方面まで足をのばそうと決め、まずは夫の実家から1時間の中津市三光町まで行き福岡県の東の端の豊前市を目指しました。朝倉市から豊前市までは同じ県であっても、距離的にも交流の面でもとても遠い感じです。まだ豊前市に行ったことがありませんし、以前からいつか行って見たいと思っていた道の駅しんよしとみに行きました。海が近いので大きな蛸やあさり貝なども売っていて、10号線沿いという立地のいいところにあります。買い物をしているうち、だんだん寒くなってきて、温泉で温まりたくなって、道の駅のスタッフの方に教えていただいた、金色温泉に行きました。ここは山国川を渡って大分県の三光町にあります。10号線から山の方に20分ぐらい行った所で、あたりは民家はなく、山の中に入った自然の中にその温泉はありました。周囲はとてもいい雰囲気のところです。そして温泉も広く泉質もよく、建物の周囲も綺麗な植え込みがありとてもいい気持ちになりまた。お湯から上がり、車に乗ると体がいつまでもぽかぽかしています。帰る途中、雲っていたので道を間違えて、通りかかった車の人に尋ねると、丁度私達も同じ方向に行きますので後ろからついてきてくださいと言って、車をUターンさせるための誘導までしてくれて、これからは分かりますかと車から降りてきて、気をつけて帰ってくださいと言ってくださいました。とても親切にしていただいて心が温まりました。とてもいい4時間でした。
Cimg6733
金色温泉の周辺の風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大断捨離

Cimg6712
いつか片付けなければと、いつも思っていて、その大変さを考えると取り掛かれなかった「あせび」の母屋の2階の一部屋と倉庫の1階。先月25日、気力、体力のあるうちにと、リサイクリング会社に頼んで思い切り捨てました。捨てたものは大型トラック2台分ありました。5人の屈強なリサイクリング会社の若い人たちが分別しながら10時~13時までかかりました。とても素人で出来るものではなく、依頼したことは正解でした。特にほとんど開かずの間となっていた2階はなにがあるのか分からない状態で、大きな長持ちが二つあって、一つは普通のもの、もう一つは上げ底になっているなと思っていると、下の方に引き出しが付いていました。リサイクリングの方がこれは珍しいから持っていたほうがいいですよと言われたので捨てないことにし、中を見ると上の写真のような久留米絣のふとんの外側が出てきました。小学低学年のころ着ていたような、見たことがあるような・・・。たくさんのふとんは私が一つ一つ吟味して捨てるものと取って置くものと今日分別しました。
Cimg6716
初めて全体像を現した長持ち。取っておいた方がいいと言われて取っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »