« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

タケノコの初出荷

Cimg6710
今年は暖かい日が多かったため、タケノコは例年より早くファームステーションバサロ(直売所)に並んでいました。家も早くタケノコを掘らなければと思いながらも、昨年の水害の復旧工事が本格的に始まって、タケノコ山に通じる2ヶ所の道路が通行止めになり行けなくなっていたのです。やっと数日前から一つの道路が通行可能となりました。夫はまだ土の中にあるタケノコを見つけるのが下手で、傾斜の急なところは苦手なので、専ら私が掘って、出荷を夫に任せています。価格をつけるのも夫に任せているので、自分で掘らない分、大変さが分からず、安い値段を設定してきます。でも、タケノコ掘りは地面のひび割れからタケノコを見つける楽しみ、どれくらいの大きさなのか、ワクワクしながら掘る楽しさ、綺麗に一番根っこまで掘れた喜びがあり、私は好きです。今日は最近、バサロにラッキョウ漬けが出ていないようだったのでラッキョウ漬けも出しました。どちらも完売でした。めでたし、めでたし。
Cimg6709
自宅の畑の横にある桜。満開を過ぎて花吹雪の状態です。畑ではソラマメの花がたくさん咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寺内ダムの桜

Photo
春3月、どこを見ても桜・桜・桜ですね。友人から朝倉市の寺内ダムの桜の写真が届きました。カレンダーにしたいような写真ですよね。寺内ダムと江川ダムは朝倉市にあり、福岡都市圏の水がめです。彼女は娘さんがお産のためお孫さんを連れて12月から3ヶ月間里帰りしていて、嫁ぎ先の東京に帰るのと一緒に東京まで行き、それから山形を旅してきたそうで、「閑さや厳にしみ入る蝉の声」で有名な山寺にも行ったそうです。1000段の階段があるそうですが雪で滑りそうで600段までで断念したそうで、そこから撮った写真が下のものです。
Photo_3
こうして見ると日本は本当に緯度の差が大きい国だと実感しますね。
私の友人達は今、お孫さんの世話のため福島、東京、埼玉などそれぞれ、飛行機で福岡から向ったり、福岡で預かったりと娘さん一家のために奮闘中です。子供さんと同居している友人達もお孫さんが病気になって保育園に行けないからと世話をされたりして頑張っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『多田家 写真集』多田安子・監修

市立図書館のカウンターの上の新聞の切り抜きに目が止まりました。それは何紙もの切り抜きで、その切抜きの中に高校の同級生を見つけました。それも、部活の弓道の仲間で、大学時代は私の下宿に何回か泊まって行ったこともある友人でした。そして『多田家 写真集』は紹介された切り抜きの後ろに立ててありました。
多田家はこの地方の名家で、この本では多田家の江戸・明治・昭和にかけての伝統建築と歴史が紹介されています。私も彼女のお祖父さんの葬儀の時、お椀を拭くお手伝いにいったことがあり、邸宅内の弓道場も見せてもらったこともあり、とても懐かしくページをめくりました。初めて多田家を伺った時、まずその玄関の天井の高さに驚きました。そして襖を開ければ、また次の部屋が次々に続いていて、全体を把握するにはかなりの時間がかかるそんな大きな(敷地面積は4000㎡)邸宅です。多田家住宅は国登録有形文化財に指定されたそうです。
挨拶文には

かつて、多くの家は、匠の技と知恵を駆使して築かれたものでした。それは先人達の手仕事であり、材料のほとんどは地場のものが使われていました。しかし、こうした家や様々なものが、合理主義や経済効率優先の現代社会から次々に姿を消しつつあるのが現状です。この写真集は福岡県旧甘木朝倉地方の歴史と多田家の記録であると同時に、私達日本人のすばらしい伝統文化が大切に守られ、継承されることを切に願って作ったものです
。彼女がこの本を出版に漕ぎ着けるまでの情熱が掲載されているたくさんの写真から伝わってきます。
お互い忙しくここ10何年か連絡を取っていなかった彼女に同窓会名簿を頼りに電話をしました。彼女と会わなかった時間を埋めるように30分ぐらい話し、次の電話では「IP電話だから長電話ができるね」と言ってまたそれくらいの時間電話。パジャマ姿で受話器を取った私はだんだん冷えてきて・・・。彼女のお母さんは90歳でお元気で展覧会に出品される絵を描いていらっしゃるとのこと。どうかいつまでもお元気でいらしてください。

『多田家 写真集』のお問い合わせは  0946-63-3181でお受けしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝倉市PM2.5への注意喚起を防災無線で

昨日から朝倉市では、PM2.5の値が1日平均1立方メートル当たり70マイクログラムを越えると予想された時、防災無線で毎日午前9時に注意喚起の放送を流すようになりました。70マイクログラム以下のときは「本日は注意喚起は行われていません」と放送されます。インターネットをしていない人達にも情報を伝えるのがねらいとのことです。とてもいい取り組みだと思います。
Cimg6632

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏日

Cimg6631
コモンは冬の間、毛をカットしなかったので、今日ののように暑いといかにも暑苦しそうです。

一昨日の農作業の後遺症で少しぎっくり腰ぎみで午前中はゆっくりしようと、家にたまった本を捨てるもの、「あせび」に持って行くものと分類。本は出来るだけ図書館でと思っていても買ってしまうことがあるのでたまってしまいます。
午後2時過ぎに車に乗ると外の温度が28度と表示されています。暑いはずです。急いで車を降りて薄手の衣類に着替えようとしてもそこいらにあるのは冬物ばかり。やっと2階にしまっていた春物の衣類の中から引っ張り出して、また乗車。それでも暑いのでクーラーを入れました。この時期にクーラーを入れるのは珍しいことです。そして昨夜は強風が吹き荒れました。眠たいのにコモンに起こされ、起こしたコモンはまたぐっすり眠っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

農閑期の終わり

Cimg6602
気温がぐんぐん上がり、いよいよ種まきや昨年末蒔いていた蔓のある野菜に手をつける作業の時期になりました。いよいよのんびり暮らしていた農閑期の終わりです。昨日は11月に蒔いていたエンドウやスナックエンドウの花が咲いて、蔓がのびて手を欲しがっていたので、竹で手を立て、トウの立ったハクサイを引いて、肥料を施しマメトラで耕し、ついでに隣に貸している畑も耕しました。エンドウの手は夫の竹細工の竹で使用しない部分をのこぎりと、なたで切って作り、どうにか様になりました。これから次々と農作業が忙しくなります。
今日は昨日頑張りすぎて足腰が痛くてちょっと歩きにくくなっています。これからボチボチしなくては・・・。
Cimg6605


| | コメント (0) | トラックバック (0)

PM2.5

今朝7時、コモンと外に出ると、そこはテレビで見る中国の大気汚染の映像そのまま。早速、福岡市のPM2.5の値をホームページで見ると、高い。基準値以上の赤の数字が並んでいます。洗濯物を外に干さないようにとの注意もあります。隣近所の洗濯物もまだ干してありません。みんな今日は室内で干すのかなと近所の様子を見ながら、あれこれと用事を済ませて11時ごろ帰宅すると、いつものように近所の洗濯物が外にたなびいていました。安心してわたしも外に干して、マスクだけは今日1日かけて過ごしました。夜7時のニュースによると、荒尾ではかなり高い数値がでて幼稚園の園児も外での遊びができなかったようです。せっかくのいい天気もPM2.5のおかげで室内の換気もできなくなって残念でした。
ところで、福岡市が市内に細かく観測地点を設置しているのに対し、福岡県の観測地点は限られています。朝倉市の場合、近くでの観測地点は小郡市だけです。小郡市は朝倉市の東部に住む私のところからはかなり離れています。もっと観測地点を増やして欲しいと感じました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

春を待つ朗読コンサート

Cimg6594
友人のお姉さんに頂いたクリスマスローズ。しっかり根付きました。


女性センターに織物の展示に行って、ついでに雑誌でも見て行こうと図書館に入ったら、いつもと違う雰囲気。
知り合いの司書の方が今日は朗読コンサートがあっているから聞いていきませんかと満席になった会場の最後尾に椅子を持って来てくれました。
もう朗読コンサートは始まっていて会場は50人ぐらいで若いお母さんや中年の女性それに男性も。静かに感情を込めた朗読とそれにぴったりのピアノのBGMに引き込まれるように聞き入っていました。私は途中から聞き始めたので最初はどんな本なのかわからなかったのですが、『希望の木』新井満・著で、岩手県陸前高田市の奇跡の一本松の話でした。会場にはすすり泣きの声がかすかに聞こえています。これが終わり拍手の後、次は『最後だとわかっていたなら』ノーマ コーネット マレック・作。これは9・11の話。

あなたがドアを出て行くのを見るのが最後だとわかっていたら わたしは あなたを抱きしめて キスをして そしてまたもう一度呼び寄せて抱きしめただろう
そしてわたしたちは 忘れないようにしたい 若い人も 年老いた人にも 明日は誰にも 約束されていないのだということを

この言葉は今の私の心に強烈に響き堪えました。
朗読を担当の女性とピアノ担当の女性にお話を伺いました。鳥栖で活動をされていて、声を掛けてくださればどこえでも出かけますとのこと。次回は朝倉市杷木池田の三階家で5月12日(日)14:00~だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »