« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

『秋美VOL.25』

朝倉市で活動している秋酔アートグループ発行の美術・文芸・総合雑誌『秋美VOL.25』が届きました。今回の特集は、秋月の生活から絵を紡ぐ鶴瀬幸子さんの絵でした。淡い色彩が特徴の絵です。朝倉市に住んでいながら彼女のことを全く知りませんでした。『山からの便り』、『内モンゴル生活』はいつものように面白く読ませていただきました。今号では瀬戸内海の『直島訪問記』を読んでそこの地中美術館、リ・ウファン美術館・ベネッセハウスミュージアムをいつか訪ねたいと思いました。これらの美術館はすべて建築家安藤忠雄の設計で海外からも注目を集めているそうで、外国人客も多いとのことでした。暇を見つけてぜひ行ってみたいです。
Cimg6546_2
妹の家にもうネコヤナギが。もらって帰って挿しました。ピンクの色が綺麗です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春節のさげもん

Cimg6428
2月10日が中国の旧正月(春節)で、そのちょっと前に中国の友人から「中国の春節にあわせてこのさげもんを部屋に飾ってください」と言って贈ってくれました。柳川のさげもんは福岡県ではよく知られていますが、中国にもさげもんがあるとは・・・。赤は中国では縁起のいい色で、さげもんも赤一色です。以前は福の字はさかさまに飾っていたようですが、今回はさかさまにはなっていません。中国も少しずつ変わってきているのかな。
喪中のお座敷に一日だけ中国の春節のさげもんを飾りました。母もびっくりしたことでしょうが、母はこの友人と近所の老人会主催の皇居の一般参賀に参加したこともあり、許してくれるでしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

クレソンを見つける

Cimg6419
3連休は風は冷たいものの久しぶりの晴天。知人が数人で遊びに来て、川でクレソンを取りたいと言ってきました。「去年の水害で川は石ころだらけでクレソンは無いよ」と答えていたら、昨日川へ行ってみるとクレソンがあの濁流に耐えて根をしっかり土に張っていたのでしょう、石に守られるようにぎっしりと生えていました。
取ってかえり早速、クレソンとベーコンの油いためをしました。ちょっと辛味があってとても美味しかったです。茹でてポン酢で食べても美味しいそうです。もう春はすぐそこまできているようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

派手地味マフラー展

Img003
さをり織りの創始者の城みさをさんの百歳記念展とさをりひろばふくおかブランチの派手地味マフラー展を開催します。今回はさをりひろばふくおかブランチの作品だけでなく、全国を巡回している城みさをさんの素晴らしい作品をみることができます。場所は田主丸の笹の湯という温泉で美味しい食事処もあります。川会小学校前バス停から南に行ったところです。ぜひご来場ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブタ鼻ポンチョ

Photo
お正月に中国の友人から贈ってもらったまあるい布。着方が分からずメールで友人に問い合わせたところその布を買ったお店に行って聞いてくれました。そしてその様子が上の写真です。ここは友人が暮らしている内蒙古のオアシス都市。お店は雲南省の製品をあつかっている商店だそうです。
丁度そのころ、私は宮崎の織物の研修会でブタ鼻ポンチョという作品を目にして、ああ~あの布はこのブタ鼻ポンチョ風に着ればいいのかと納得していたのでした。Cimg6405
Cimg6404
ブタ鼻ポンチョの方が丈が短いですが、着方は全く同じです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »