« 朝倉市の豪雨 | トップページ | 烏骨鶏の小屋掃除 »

九州北部豪雨

ご無沙汰していました。今回の災害の深刻さと被災された方々の心身の疲労を思うと、気分がブログに向きませんでした。3日の大水害から6~8日の三日間の貴重な晴天を利用しての必死の復旧作業も11~14日の後で名づけられた「九州北部豪雨」によって振り出しに戻っただけでなく、新たな更に大きな水害が発生しました。友人の家は二度も床上浸水の被害に遭ったそうです。
朝倉市では杷木地区の被害が大きいです。今日現在、国道386号は杷木穂坂~夜明間がまだ通行止めが続いています。その他も通行止めや片側通行の区間がたくさんあります。通行止めの誘導をされてある方(年配の方が多いのですが)は晴れた日は35度前後の暑さの中での仕事は大変だろうと思います。熱中症などならないかと心配になります。昨日梅雨明けが発表されほっとしました。でもまだ、豪雨の再来のような夕立があり、夏空にはまだ時間がかかりそうです。鉄道も久大線がうきは~日田間、日田彦山線が豊前桝田~夜明で運休が続いています。今、床上、床下浸水した家屋の消毒、消石灰の配布などが行われています。
豪雨の時は当然外仕事ができないので家の中の仕事をすることになりますが、今回のように激しく降ると、ただただ降る雨に見とれてしまって、仕事も手につかず、時間ばかりが過ぎて行ったようなきがします。
1週間ぐらい前、夜明ダムが放流されて普通の筑後川になっていました。普段は見られない光景ですが、その急流を見て、ダムの出来る前はこんな風に流れていたのかと思いました。そして平成18年の人吉地方の大水害の時の急流をおもいだしました。肥薩線の線路は下の石が流れ浮いていました。不謹慎にもそこでラフティングをしたのでした。今思うと被災した方々のことを考えない行動だったなと当事者になって気づきました。

|

« 朝倉市の豪雨 | トップページ | 烏骨鶏の小屋掃除 »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478420/46421828

この記事へのトラックバック一覧です: 九州北部豪雨:

« 朝倉市の豪雨 | トップページ | 烏骨鶏の小屋掃除 »