« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

英彦山がらがら

Cimg5239
22日、50何年ぶりかに英彦山に行ってきました。と言っても英彦山に登ったのではなく、彦山駅近くに住む伯母(母の次兄の奥さん。いとこ同士の結婚でしたが)が97歳で亡くなったのです。この伯父は私の従兄になる子どもを一人残して、硫黄島の戦闘で戦死しました。私は小学生の時、母と母の姉たち(伯母さんたち)と一緒にこの家に来たことが一度だけありました。それから一度も訪ねたことがなかったのです。親戚はほとんど朝倉郡・市か福岡市に住んでいてほとんどこちらに来る用事がなかったのです。ここに50数年ぶりに来て、母との思い出がいろいろとよみがえりました。母たちはここに来ると遠い南方の島で戦死した兄を想い、とても悲しい気持ちになったのでしょう。当時、母と伯母たちが泣いていろいろ話ていたことを思い出します。そして私は今回ここに来てとても母のことを思い出しとても懐かしく感じました。英彦山がらがらもそのとき母が「これはお守りよ」と言って買ってくれました。その英彦山がらがらは今はもうどこにいったかわかりませんが、小さながらがらが5個ついているものでした。今回近くのお店で売っていた1個の大きながらがらを買いました。
大行司駅から乗り、釈迦が岳トンネルを通って行った彦山駅も無人駅になっていましたが、懐かしく、人のいない駅を見て周り当時を思い出したくうろうろしました。なにもかも変わってしまった英彦山。でも英彦山がらがらだけはまだ健在でした。Cimg5225_2


| | コメント (4) | トラックバック (0)

こたつ布団の洗濯

昨日から待ちわびていた晴天。予定していたこたつ布団をコインランドリーに持っていきました。家から1分のところのランドリーが工事中なのそれから1キロ離れたランドリーヘ。考えることはみんな同じでたくさんあるランドリーはたった一つしか空いていなくて、かろうじて滑り込んだという感じ。コインを入れて家に帰り、家中の水ふきをしてまたランドリーへ、そして乾燥機に入れて帰宅し、布団干しなどをしてまた取り込みに行くという忙しい一日でした。予報では明日からまた雨。あと1日晴れの日が続けばなぁと思った1日でした。
Cimg5223
このワンちゃんはコインランドリーの横のお宅のワンちゃんです。誰にでもなついているようです。
Cimg5222
「あせび」にある玉之浦という椿です。以前は花びらの先端が白い輪になっていましたが、白い部分がばらけています。古くなったからか、栄養不良が原因かわかりません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

烏骨鶏の卵

Cimg5220
烏骨鶏が数日前から一個の卵を温め始めたので、直売所で烏骨鶏の卵10個を買って、温めている雌鳥の下に入れました。合計11個の卵を一羽の雌鳥が温めています。ここ数年卵は出荷するか、自宅で食べるかで、温めさせていなかったので、久しぶりのことです。烏骨鶏の卵は21日で孵化するそうですので、丁度3月3日の雛祭りのころかわいいひよこが見られそうです。烏骨鶏は白、灰色、黒の3色のひよこができます。どんな割合でできるかも楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファームステーションバサロ 菜の花摘み

Img_5086
週末なかなか天気がぐずつくことの多いこの頃。珍しく晴天に恵まれた11日(土)12(日)、いつもより遅めの9時半ごろ出荷に行くと、駐車場は地元久留米のナンバーはもちろん、北九州、福岡、筑豊などの県内ナンバーの他鹿児島等他県ナンバーがぎっしり。今日は先週から3週間、週末に菜の花の卵スープが振舞われ、菜の花摘みができる日。館内は菜の花スープを待つ人たちが列をなしています。スタッフの人が「菜の花摘みもどうぞ」との声。早速、組合員の私もちょっと覗いてみました。今年は寒さが厳しいため菜の花の生育が遅れているそうで、なかなか菜の花の蕾を見つけるのが難しいとのこと。北九州からのお客さんと一緒に蕾を見つける手伝いをしました。もう一組の方は常連さんで昨年靴が土で汚れたので長靴を用意して来たと言って袋にぎっしり詰めた菜の花を横に置き、用意された水で長靴を洗っておられました。バサロの前の広い菜の花畑はつぎつぎに来られるお客さんで賑わっていました。菜の花摘みは来週の18日(土)19日(日)までだそうです。来週もいい天気を期待しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

重い腰をあげて

Cimg5205
外は晴れたかと思うと雪が降り、なんとも落ち着かない天気です。一昨日から「あせび」の物置の整理にとりかかりました。住んでいた14年前からいつかは整理しなくてはと思いながらなかなか手がつかず、(作品展をした時に友人2人が台所仕事の手伝いに来て、2人は初対面だったのですが、意気投合して、ほとんど見ないで要らないだろうと思うものを潔く捨ててくれたことはありましたが)重い腰をあげて着手したのでした。物置の中身は引き出物や返礼としていただいたものをそのまま使わずに、あるものは箱に入ったままで置いているものです。それともう一つは会席膳のセットなどの何世代か前の人が使っていたものです。
大部分は捨てようと決めましたが、昔のものの中には素晴らしい職人さんの技術で作られた段々になった弁当?のセットなど捨てがたいものもあります。でも、とっておいてもどうしようもないので、結局は捨てることになるのでしょうが・・・。まだまだ手をつけ始めたばかり。これから暇暇に片付けるつもりです。
Cimg5218

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝倉市への高校生の提言

昨日、朝倉市内の3つの県立高校の生徒による住み良い朝倉市を作るための提言として市が企画して、開催されていた中から、選ばれた提言が再度発表される催しと、福岡県の副知事の講演が生涯学習センターでありました。3つの高校のうち1校は学校行事のため参加できませんでしたが、2校の3つの提言は高校生らしい発想をパワーポイントを使って具体的によく考えて作っていました。提言で共通していることは世代間の交流を活発にするということでした。1校は多世代交流館構想を提言していました。行政だけでなくいろんな人の意見を参考にしながら市政を遂行していきたいという市の考えで催された高校生からの提言募集だったそうで、奇抜な提言を期待していたそうです。しかし市長の挨拶の中の「行政はできない理由から先に考えてしまう」からなかなか実現できないことが多いとのこと。なるほど。
それはともかく、久しぶりに見る自分が在職した2つの高校の生徒がとても大人びて見えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

積雪

Cimg5191
大雪警報が出ていた九州北部。夜中吹きすさぶ風の音で時々目をさまし、朝起きてみると一面の雪でした。浄化槽の工事の関係で外に止めておいた車はどっさりと雪に覆われています。午後から日が照りだし、大分溶けましたが、夕方からまた降り始め、今夜も降る予報です。朝倉市の明日の最低気温は-7度だそうです。この気温はめったに経験しない気温だそうで,水道を出したままにしたほうがいいかlなと思案中です。Cimg5192
垣根にぶら下がっている黄色い実が雪に映えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »