« ふとん打ち直し | トップページ | にっぽん縦断 こころ旅 »

銀杏ごはん

Cimg1145_2
毎日銀杏を2つの直売所に出荷しています。ところが銀杏は出荷するばかりで家族で食べることはなかなかありません。このところ曇りや雨の日が多かったので、押入れからホームベーカリーを引っ張り出し、パンやよもぎ餅を作ったりなど、主に家の中の仕事をしていました。(この一週間九州北部は日照時間が極端に少なく、天気情報によれば、6日から今日までの日照時間は8.1時間で平年の31%だったそうです。)そして今日は生産者も出荷するばかりでなく銀杏を食べなくては、と銀杏ごはんを作ったのです。Cimg1134
銀杏は専用の殻割器で割り、ぬるま湯に入れて数分、ゆっくり一個づつ薄皮を剥いていきます。この作業はちょっと面倒です。そして米に塩を少々入れて銀杏を入れて炊飯器で炊きます。今、家ではまだ古米を食べていますので、もち米とうるち米を半々に入れて炊きましたが、もっちりとしてとても美味しくできました。


|

« ふとん打ち直し | トップページ | にっぽん縦断 こころ旅 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おいしそうですね。紙の封筒にしおひとつまみといれてレンチンして食べるのが好きです。でも食べ過ぎると腎臓にわるいらしいです、

投稿: 重冨です | 2011年12月13日 (火) 23時38分

角封筒に入れてレンジでチンが簡単でいいですね。でも銀杏ごはんも銀杏の黄色が光沢があって見た目が綺麗で美味しいですよ。小さい頃、年の数しか食べたらいけないとよく言われていましたが、還暦を越えた私が年の数食べたらきっと腎臓を悪くするでしょうね。

投稿: ジャスミン | 2011年12月17日 (土) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478420/43351727

この記事へのトラックバック一覧です: 銀杏ごはん:

« ふとん打ち直し | トップページ | にっぽん縦断 こころ旅 »