« 稲の取り入れ | トップページ | 朝鮮朝顔 »

「一旦停止」と「とまれ」

最近、「一旦停止」と「とまれ」の違いについて多少の腹立たしさを持ちながら考えています。そうなったのは先日近所の「とまれ」の標識のところで(運悪く)一旦停止違反で切符を切られたのです。7000円の罰金。現場は自宅近くの新しく出来た道に入り込む所。運転していた私は速度を最高に落とし、まず、急なカーブを下りてくる左側の車がいないか確認し、そして次に右側を見てアクセルを踏んだ時、10mぐらい先の右側から来ているパトカーから「その車停止しなさい」との声。「とまれでは完全に停止しないと違反です」とのこと。私が免許を取得した昭和42年は一旦停止は踏み切りの前だけだったのです。今でも踏み切りの前では誰もが一旦停止をしていますが、とまれで完全に止まっている人は、私たちの年齢ではあまりいないような気がします。違反後、夫の車に乗ったとき、同じ場所で夫も完全に止まらないで(もちろん安全確認はしますが)通過しました。私は夫に「今のような運転で一旦停止違反になったとよ」と言ったものでした。とまれも一旦停止も同じ意味ならとまれをなくし完全に定着している一旦停止に統一した方がいいのではと思ったりしています。

|

« 稲の取り入れ | トップページ | 朝鮮朝顔 »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478420/42506548

この記事へのトラックバック一覧です: 「一旦停止」と「とまれ」:

« 稲の取り入れ | トップページ | 朝鮮朝顔 »