« 恵みの雨、しかし・・・。 | トップページ | 朝鮮ウグイス その後 »

雨音を聞きながら読書

Img_4344
「あせび」の畑のさくらんぼが色づき始めました。でも今まで人間の口に入ったことはありません。ある日突然一晩のうちに鳥に食べられてしまうのです。ネットを張る方法もありますが、今のところ色だけ楽しむことにしています。

Img_4349
こちらの言葉で「よかうるい」という表現があります。「今日はよかうるいですな」というように使用します。いい雨が降っているという意味です。そんな「よかうるい」の雨音を聞きながらの読書は落ち着きますね。テーブルの上に本を広げ、目を休めるために時々外を見ながらの読書です。ダイニングの外はたっぷりと雨水を吸ってぐんぐん大きくなったタケノコが何本も。うちのタケノコではないので、ただ大きくなったなぁと眺めているだけです。

Img_4347
スナップエンドウもこの雨でたくさん取れて、今夜はスナップエンドウとイカのあえものをしました。色の取り合わせが食欲をそそります。

|

« 恵みの雨、しかし・・・。 | トップページ | 朝鮮ウグイス その後 »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

さくらんぼの色が綺麗ですね!

最近、「水神 上・下」を読みとても感動しました!
江戸時代の浮羽郡の五庄屋のお話です。 五人の庄屋さんが、水路を作ったというお話は聞いたことはありましたが、具体的なことは知りませんでした。

投稿: 明子 | 2011年5月12日 (木) 18時35分

家から筑後大石駅に行く途中に大石堰という信号があります。その上流が五庄屋の堰とよばれているところだと思います。一昨年帚木蓬生の久しぶりの作品として『水神』は図書館から借りて読んでいましたが、ちょっと忙しい時だったので途中までしか読めずに返却しました。また、読んでみます。帚木蓬生の作品では『三たびの海峡』『臓器農場』などが面白かったです。角田光代の『八日目の蝉』はぜひ読んでみます。本当は映画で永作博美の演技が見たいのですが・・・。

投稿: ジャスミン | 2011年5月12日 (木) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478420/39952037

この記事へのトラックバック一覧です: 雨音を聞きながら読書:

« 恵みの雨、しかし・・・。 | トップページ | 朝鮮ウグイス その後 »