« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

落ち込んだ日

Img_4422
断捨離をしたついでに玄関の模様替えをしました。植物はカラーの一種でしょう。たぬきは中津の方が手作りされたものです。

朝から自宅横の草取りをして、さあ「あせび」に行こうとポケットの中のキーを取ろうとしますが、確かにあるはずのキーが手に触れません。家の中かなと思って心あたりをいろいろ探しても見つかりません。とうとう夫におそるおそる「ひょっとして、万が一、私の車のキーを見なかった?」と電話しました。夫は想像していたとおり不機嫌な顔をして帰ってきて、一緒に探してくれてはいます。だんだん自分がいやになってしまいました。夫の軽蔑したような顔をみるのがいやでとうとう車屋さんに電話しました。「こちらではキーはできません。カギの110番に電話して、それでだめなら、ちょっとこちらで考えましょう」とのこと。見つからないものに時間をかけて探すより、作ってもらったほうがよっぽど早いと思い、カギの110番に電話すると「ああできますよ。場所はどこですか?近くに来たら電話します」とのこと。「よかった。お願いします。・・・ところでいくらぐらいかかりますか」「1万9千円になります」「そうですか」。そんなに高いものなら、もう一度畑の中をじっくり探そうと目を皿にして草を取ったところを探しました。すると草を取った土の上にころっと探していたキーが転がっていました。すぐに「見つかりました」と連絡を入れましたが、無駄な時間を費やしてとても落ち込みました。でも本当に1万9千円拾ったような気にもなりました。1万9千円でパァと楽しいことをするか何か贅沢なものでも買って気分を盛り上げなくては。それにしても簡単にキーが出来るということは便利なようでちょっと不安な気もします。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブルーベリー

Img_4369
30代初めから10年間、潰瘍性大腸炎という過労が原因の難病で入退院をくりかえしました。(この病気は寛解期も長いのです)今は完治していますが。その当時農業科の生徒が私が入院している間に10本のバラを家の花壇に植えてくれていました。退院して帰宅した時とても嬉しかったことを覚えています。もう30年前のバラですが、一本だけ毎年咲き続けています。

続きを読む "ブルーベリー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝鮮ウグイス その後

Img_4350
生ゴミ捨て場に朝鮮ウグイスが毎日のように来て、夕方5時半ごろから6時ごろにかけて生ゴミをあさっていました。シャッターチャンスをねらっていましたが、その後、猫が来たり、大きな鳥が来たりして朝鮮ウグイスの姿を見ることがなくなってしまいました。その上、残念なことに近所に朝鮮ウグイスを飼っている人がいたのですが、いたちに食べられてしまったとのこと。それでもう一度あの姿を見たいと思い、今日はもう一人朝鮮ウグイスを飼っておられる方のお宅を訪ねて写真を撮らせていただきました。2羽飼っておられ、それぞれのケージに1羽入っていました。ご主人は鳴き声がとてもかわいいですよとおっしゃっていました。私がお訪ねしたとき、丁度ご近所の奥さんが来ておられ、本当にかわいいですよ。写真を撮られるならこっちの方が赤が多くて綺麗じゃないかななどと助言してくださいました。とても可愛いのですが、もう一度自然の中でこの鳥を見たいと思いました。
Img_4371_4
雨が降って一斉に咲き始めた小さなバラ。姫こぶしの葉陰に彩りを添えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨音を聞きながら読書

Img_4344
「あせび」の畑のさくらんぼが色づき始めました。でも今まで人間の口に入ったことはありません。ある日突然一晩のうちに鳥に食べられてしまうのです。ネットを張る方法もありますが、今のところ色だけ楽しむことにしています。

Img_4349
こちらの言葉で「よかうるい」という表現があります。「今日はよかうるいですな」というように使用します。いい雨が降っているという意味です。そんな「よかうるい」の雨音を聞きながらの読書は落ち着きますね。テーブルの上に本を広げ、目を休めるために時々外を見ながらの読書です。ダイニングの外はたっぷりと雨水を吸ってぐんぐん大きくなったタケノコが何本も。うちのタケノコではないので、ただ大きくなったなぁと眺めているだけです。

Img_4347
スナップエンドウもこの雨でたくさん取れて、今夜はスナップエンドウとイカのあえものをしました。色の取り合わせが食欲をそそります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恵みの雨、しかし・・・。

Img_4332
昨夜来の雨で乾きにに乾いていた大地にじっくりと恵みの雨がしみこんでいきました。そして、今朝、畑に出てみると何と昨日まで芽の出る様子もなかった畑にぎっしりと芽が出て、それも一晩のうちに大きくなっているのにはびっくりしました。毎日毎日水をやっていた時は何の変化もなかったのにです。自然の力にはかないませんね。この雨の量は福岡では昨年の7月以来とのことで、貴重な雨ですが、降りすぎる可能性も心配されますとのこと。適当な時に適当な量降るのは難しいことのようです。
Img_4328
ほうれんそうも元気になりそうです。でもこの植え方ちょっと密生しすぎで間違っていたのかもしれません。
Img_4329
この時期初めて作ったダイコンもよくできています。この雨でぐんと大きくなることでしょう。

Img_4327
畑の隅に何本かあるタラの木のタラの芽でてんぷらをしました。しゃきっと揚がっておいしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨前の仕事

Img_4314
大きなキンモクセイの木の下に紫ランが咲いています。雨が少なくてなかなか咲きませんでした。

Img_4273
「朝方チィチィという声で目が覚めてしもうた。ツバメが俺の部屋に一晩泊まっちょった」と起きてくるなり夫。「まぁ1泊もして、フンとかしてない?」と私。娘が「ツバメのほうがお父さんのいびきで熟睡されんやったんじゃない。」と言う話をしながら新聞を見ると明日から3日間雨の予報。
今日も昨日と同様冬物の洗濯を何変わりもして、1Fの洗濯機と2Fのバルコニー間を何往復も。それでも毛物の洗濯物はまだまだ半分ぐらい残っています。それから早生タマネギの収穫。去年は失敗しましたが、今年は満足のいくものが入っていました。最初の肥料の料が十分だったからでしょう。農業は手を抜くとやはりいい結果は出ません。
植物は手を入れただけのものが返ってくるからやりがいがあります。来年もいいものを作ろうという気になりますね。とりあえずメデタシ、メデタシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マムシ

Img_4250
夫が近くの山から取ってきて植えていたえびねです。初めて今年花を見ました。

これから先は、気の弱い人、食事中の人(食事しながらパソコンはしないかな)、爬虫類に弱い人く、気分がわるなりそうな方は電源を切るか、他のサイトへ移ってください。Img_4295
自宅裏の山に続く場所にたくさんのタケノコができています。大きくならないうちに折ったほうがいいよと夫に言ってしばらくすると夫は身動きもしないで一点を見つめています。「ほら、まむしが・・・。」「ちょっと待って、カメラを取ってくるから」と言って戻るとやっぱりマムシだったです。鍬で胴体と頭を叩いて殺しました。頭は三角でしっぽが短いマムシそのものでした。捕まえてよっかたです。
Img_4299
ついでに腹ののほうも撮影しました。
Img_4302
14年前、ここに家を移ってからはじめて見たマムシです。ちょっと残酷ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソラマメ

Img_4278
去年の秋に初めてソラマメの種を蒔きました。3月ぐらいからぐんぐん伸びて実も大きくなってきました。何日か前、近所の奥さんが通りかかって「ソラマメが大きくなったね」と言って寄ってきました。「これ、いつ取ればいいかわからないのよね」と私。「ソラマメはね、上を向いてるからソラマメと言うらしいよ。それで、ソラマメの実が下を向いたときが取り時らしいよ」。ということで、今日下を向いていたソラマメを取ってみました。
Img_4276
中を開いてみるとやっぱりちょうどいいくらいのマメが入っていました。3個入っているもの、2個しか入っていないものなどあってかなり当たりはずれがありました。どんな食べ方が美味しいのかわからないので今日はとりあえず
塩茹でで食べてみましたが結構美味しかったです。

Img_4282
「あせび」の庭に咲いているつつじです。独特の花びらがちょっとバラのように見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒヤシンスの実

Img_4253
三日間続く濃い黄砂のため(今日は小雨も降りましたが)冬物の洗濯ができず、畑に夏野菜の種を蒔いたり、苗を植えたりし、自宅横の畑は全部終わりました。そしてちょっと草を取ろうとして花の終わったヒヤシンスのところに行くとなにやらおかしな恰好の草があります。よく見るとヒヤシンスの実で、花が咲いた後に実がなっているのです。初めて見ました。昨年チューリップの実から種を取りましたが、チューリップは種から花が咲くまで5年かかるそうです。もし運よくこの実から種が取れたら何年ぐらいで花を見ることが出来るのでしょう。またどんな色の花が咲くかたのしみです。

Img_4243
新緑の若緑の綺麗な季節ですね。自宅のもみじは今、薄緑のもみじと真っ赤のもみじが色を競い合っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

珍客

Img_4238
今日はそろそろ冬物を洗濯をして整理してしまおうと考え、ちょっと外に出て空模様を見ていたとき、ひらりと何か黒い鳥が部屋の中に入ってきました。つばめです。それもお座敷に。お座敷の中を飛び回り、時々は、恐れ多くもご先祖様の4枚の遺影の額の上ををあちこち飛び移りなかなか出て行きません。しばらく遊んだあとやっと外に飛び出しました。それにしても5月になったばかりなのにもうつばめが来る季節なのか。私のイメージでは6月の田植えのころがつばめの季節と思っていました。午前中の大部分の時間をつばめに裂かれてしまいました。
Img_4247
「あせび」の庭に咲いている黄色い花と同じもので、赤いものがありました。これもちょっと珍しいものです。増やしていきたいと思いますがなかなか増えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タケノコの最盛期

Img_4194
「あせび」の花壇は今さつき、つつじ、それに名前を知らない写真の花がいっぱいです。

今はタケノコが盛りで毎日娘と掘っていますが、昨日はあまりに多くてとうとう夫に運ぶ手伝いをしてもらいました。隣近所にはひととおり配ったので、今日は友人たちに配ってきました。一人の友人は湯がいて3時間干してしまっておくそうです。家でもつぎつぎタケノコ湯がきをして冷蔵庫の野菜入れに直接水を入れて湯がいたタケノコを入れて保存しています。
畑の夏野菜も植えたいのになかなか時間が取れません。明日は天気がいいそうですので、いろんな野菜を植えようと畑の再準備をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »