« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

九州新幹線 新鳥栖から博多

最近農作業で疲れたのでちょっと一休みしてかねてから気にかかっていた本を買いに福岡へ行きました。いつもは高速バスや車で行くのですが、今日はせっかく新幹線が開通したので、鳥栖から博多までのりました。鳥栖駅から新鳥栖駅までは離れていて、ちょっと分かりにくいです。駅構内は人がまばらで閑散としています。この駅から乗るのはもしかして私だけかしらとゆう予感がしたりしました。でも後から20人ぐらいの利用客がありました。最初にイメージしていたのは新鳥栖から博多までは、筑紫平野の春の車窓を眺めながらの旅(といっても15分しかかかりませんが)でした。ところが鳥栖を過ぎると突然トンネルに入ります。それも長い長いトンネルです。約12kmある筑紫トンネルだそうです。平野部の土地買収はコストがかかり、また直線距離でも山地を通ったほうがはやいからでしょう。博多駅で本屋さん2軒を見つけましたがやはり天神のジュンク堂が専門書が揃っています。久しぶりに天神にでました。福岡に住む友人が天神に出てきた時は一緒に食事しようと言いますが、やはり一人でぷらぷらするのはいいですね。ちょっとの間透明人間になったようで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たけのこ寿司

Img_4175
タケノコや三つ葉、シイタケ、ぜんまい、わらびなどの山菜の取れる時期です。毎日タケノコを掘りに行き、ついでに山菜を取ってきています。散歩の変わりにコモンも連れて山に放して遊ばせると、自由になったコモンはこれが本来の犬の姿だというように嬉しそうに駆け回ります。
今日は昨日湯がいたタケノコでタケノコ寿司を作りました。もちろん山菜(ぜんまい意外)もふんだんに入っています。特に三つ葉の風味がとてもいいし、初めて取れたスナップエンドウも彩りを添えるのによかったです


Img_4171
タケノコ山の隣の銀杏畑の銀杏の木に絡まって大きくなったあけびの花です。あんまり綺麗なので絡まったままにして毎年楽しんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古久蔵見学会

Img_4099_2
朝倉市の老舗酒造会社えびす酒造の社長さんから案内状をいただいたので、福岡県特産焼酎組合主催の古久蔵見学会に行ってきました。9社の酒造元が製造方法・貯蔵方法・販売方法に則った「古久」という統一銘柄で販売しているそうです。今日は黒木町の藤祭りに合わせて、年1回の蔵開きで、シャトルバスで会場の廃線になった旧国鉄黒木線(羽犬塚~黒木)のトンネルの中に貯蔵してあるたくさんの甕を見ることができました。トンネルの中は年中温度が低く一定していて貯蔵に最適だそうです。トンネルの中全体がひんやりとして、たくさんの甕の中に2003年ものなど古い焼酎がトンネルの中全部を倉庫のように置いてありました。シャトルバスの運転手さんの話では沖縄では海底に貯蔵してあるところもあるとのことでした。
Img_4105
らんびきはえびす酒造の代表銘柄です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甥も・・・。

原発事故現場では考えられるいろんな対策が試みられ、それに即した作業を必死でしておられる方々がおられます。本当に心からこの方たちの安全を祈る毎日です。でもそれも遠いところのことのように考えていました。ところが先日、親戚が集まることがあって、夫のほうの甥が福島原発に派遣されることになることが話題になりました。九州電力の社員である甥は玄海原発に勤務しています。以前彼に聞いたことは転勤は九電本店・玄海・川内・六ヶ所村だということでした。でも今は九電からも応援の社員が交代で出向いて原発の復旧作業にあたっているとのこと。東電だけでなく他の電力会社からの応援があればやはり心強い感じはしますが・・・。今はただ甥の安全を祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけびの花

Img_4063_3
あけびの花です。自宅の垣根にぎっしり花をつけています。全部実をつけたら壮観でしょうね。Img_4061


| | コメント (2) | トラックバック (0)

タケノコの初出荷

Img_4044
ハナズオウと八重桜のコラボレーション。毎年この2つの花はちょうど同じ時期に咲きます。


Img_4047
待ちに待ったたけのこがやっとでてきました。今日初出荷に行ったら、なんともうたくさんのたけのこが出荷されていて、茹でたけのこまででています。今日出荷分はおかげで全部売れていてよかったよかった。今年は2週間ぐらい遅れましたが、これから毎日たけのこ堀りが続きます。

Img_4046
今年初めて家でできたダイコンで作った乾しダイコンと赤貝のお煮付け。乾しダイコンの味が甘くて美味しかったです。家族に「美味しいやろ」と何回も誘導尋問をしてしまいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コモンくん ごめん。そして、よかったね。

Img_3804_2
コモンはミニチュアダックスフンドです。毎日飼い主のお母さんやお姉さんとキャッチボールやサッカーらしきものをして遊んでいました。ある時からコモンはキャッチボールだけでは飽きてきて、ボールをブロックの穴の開いているところに隠してお母さんにその穴から取り出して投げ返してくれというポーズをとり始めました。お母さんは最初はコモンが穴に入れたボールをそのつど拾い上げ投げ返すということを気長に付き合っていました。ある時、いつものようにコモンがブロックの穴にボールを入れたのをお母さんはふざけてコモンに返さずに、違う穴に入れました。するとそのボールはブロックの穴深く落ちていったのです。お母さんはあわてましたが、どうしてもその深い穴までとどきませんし、たくさんある穴のどの穴だったかも分からなくなりました。それから、コモンはお母さんの顔を見るとすぐにブロックの穴のほうに行き「どの穴だったかな。あの赤いボールの落ちた穴は」という表情でお母さんをみるようになりました。すまない気持ちになったお母さんはなんとかボールを取ってやりたいと思っていました。
お母さんは小さな懐中電灯を買ってきました。そしてやっと、ボールの落ちている穴を見つけました。でも深くてとれません。今度はお父さんが何か方法を見つけたらしく朝早くからブロックのところで何かしています。そのそばで、コモンも心配そうに片時も離れず見ています。しばらくして「コモン出てきたぞ。はい」とお父さんがボールをコモンに渡しました。お父さんはどうしたらボールが取れるか前の晩から考えていたそうで、ブロックの中に水を入れてボールが浮いてくるところを拾ってコモンに渡したのでした。1週間ぶりでブロックから取り出された赤いボール。コモンくんよかったね。また遊ぼうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨後のタケノコはどこに???

Img_4011
毎日毎日今日はタケノコができているかな、明日はできるかなとタケノコ山に行っています。8日に雨が降ったので、翌日、今日こそは雨後のタケノコが出来ているはずと行ってみましたが全然でした。今年はまだ1本もタケノコを見ていませんし、イノシシもまだ食べにきていません。この冬の厳寒が影響してのことでしょう。あきらめて帰る途中よそのタケノコ山に生えている1本のタケノコを見つけました。今年初めて見たタケノコです。

Img_4005
10数年前に植えていた葉わさびが毎年できます。レシピを習ってもなかなかうまくいきません。今日はお料理上手な隣の奥さんにあげました。            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソラマメ・スナップエンドウ

Img_3996
            最後に咲いたヒヤシンス。なぜか茎が2本あります。

Img_3935
11月に蒔いていたソラマメ・スナップエンドウが花をつけました。ソラマメを作るのは初めてで、どんな風にして鞘ができていくのか子どもの夏休みのアサガオの観察の宿題みたいに毎日眺めています。ソラマメの後ろには取り入れないで黄色い花が咲いてしまったハクサイもあります。
Img_3997
スナップエンドウの花です。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

「あせび」の花たち

Img_3955
今日が満開の桜。あっという間に咲いて満開になるのが早かったような気がします。Img_3963
姫こぶし。昨日から少しづつ散り始めました。Img_3964
道路から見た桜とハクモクレン。ハクモクレンは散った花びらが池に落ちて池は真っ白です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合同竹工芸展

Img_3947
中津市の公民館竹工芸教室協議会主催・中津市教育委員会後援の第14回合同竹工芸展を見に行きました。会場は中津市のイオンモールで、伝統工芸士の山本信彦先生が教えてある中津市内の10教室、50名の生徒さんの素晴らしい117の作品が並んでいました。青竹の作品も伝統工芸の作品もあります。伝統工芸部門では大変高度な技術の作品がたくさんありました。生徒さんたちの日頃の努力ももちろんですが、中津市でこれだけの生徒さんを育てられた今年77歳になられる山本先生の情熱とお力に畏敬の念を抱きました。

Img_3939
イオンモールの駐車場に咲いていた桜です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »