« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

良いお年を

Img_3242_2
昨夜からの大雪で新年を迎えるための外の作業ができないため、朝、雪景色を眺めに「あせび」に行った後、ぼちぼちおせち料理を作っています。母を一時帰宅するようにしていなくてよかったと、雪を眺めながら思っています。いつものように従姉からのフラワーアレンジメントが床の間だけを正月の雰囲気にしています。今年も残り少なくなりました。しんしんと降る雪の中で年を越すのも引き締まった感じで悪くありませんね。「あせび」をご利用くださった皆様、ブログを見ていただいた皆様、来る年が希望のもてる年になることを信じて新しい年を迎えましょう。どうぞ良いお年をお迎えください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬うらら

Img_3156
昨日は春うららならぬ、冬うららというようなとても気持ちのいい天気でした。自宅のカーポートの前は落ち葉の集まった陽だまり。お客さんがいろいろ来ます。常連客は猫です。この猫ちゃんちょっとポーズを作っています。
Img_3198
こちらは熟睡。また家の近くの水辺ではキセキレイが遊んでいます。Img_3148
この鳥は縄張り意識が強く、鏡に映った自分の姿にも攻撃するそうです。このキセキレイはいつも同じところにいて、人が通るとブドウ畑の金の策に飛び移ります。「あせび」の花壇にはもうヒマラヤユキノシタが咲いていました。のどかな冬の一日でした。Img_3202


| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅病

『現代農業』1月号上で、売るは楽し道の駅病というテーマがあり、読んでみると全く私と同じ。道の駅病とは言い得ています。私もこの病気です。銀杏の出荷から一日が始まります。それに夫の竹の買い物バッグなどの竹製品も時々持っていきます。道の駅(ファームステーション バサロ)では知った人知らない人にも「おはようございます」と挨拶を交わします。知人といろいろな話をしながらラベルを貼ったりの出荷準備がまた楽しい時です。銀杏売り場に銀杏を持って行くと父や実家の父を知っておられる方たちが声をかけてくれ、父たちの思い出話をしてくださる方もいらっしゃいます。何より嬉しいのは売り場で我が家の銀杏を買ってくれる人と話ができることです。銀杏の食べ方や銀杏の紅葉はいつごろかなどなど。そして最後に毎日夕方電話で今日の売り上げを聞くことがわくわくするときで、農民作家 山下惣一さんが言っていたように農業はギャンブルを実感する時です。私の道の駅病は当分治りそうもありません。ところで明日のNHKラジオの12時30分すぎの道の駅は道の駅原鶴 ファームステーション バサロだそうです。皆さん聞いてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK ドラマ 坂の上の雲

数週間前から再放送が始まったNHK ドラマ 坂の上の雲を楽しみに見てきました。日本史では明治以降の部分は3学期で時間切れのためなのか、特別な理由があってのことなのか、教科書を自分で読んでおくようにというようなことで終わっていました。幕末以降の歴史は司馬遼太郎の『坂の上の雲』で明治の歴史がある程度理解できたような気がしていました。今回、NHKのドラマを見てなるほどそうだったのかというところもたくさんありました。12月5日、12日と後編も楽しみました。そして司馬遼太郎の『明治という国家』や『この国のかたち 1~3巻』も興味深く読めたなと思い出しました。歴女を自認している娘と一緒にNHK ドラマ 坂の上の雲を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危機一髪

外出先から帰宅して台所をのぞくと娘が「この前のシチューが美味しかったから今日もシチューにしようと思ってるけど」と言ってじゃがいもをむいて水につけていました。「そうねあれは美味しかったからいいね」と言った後、緑色になったじゃがいもを見て、いつか緑色のじゃがいもには毒があるということを聞いたことを思い出しました。調べてみるとやっぱり食べると中毒をおこすと書いてあります。その時娘は適当な大きさに切ったじゃがいもを鍋に入れようとしているところでした。ちょっと待った!!!。これは毒があるらしいよ。今から新しいじゃがいもを買ってくるから。危機一髪で中毒を免れたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そこにいるのは何者か???

Img_3088
昨日、今日が雨前の最後の晴天ということで花壇に葉ボタンや秋明菊、都忘れなどを植えていると畑の端の土手に何か赤いものが動いています。車に積んでいたカメラを取り出して見てみるとどうやら鳥のようです。カメラを一枚撮った後、連続撮影に切り替えてシャッターを切りました。するとカキャ、カキャと何回か言っているうちに鳥は立ち上がり悠然と立ち去りました。シャッターが切れたときは鳥の姿はありませんでした。操作を間違えてセルフタイマー連続撮影になっていたのです。自分のドジさに情けないやら、腹が立つやら。綺麗な珍しい鳥はキジでした。キジも食べ物が無くて畑の隅の堆肥を作っている生ゴミをあせりにきたようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

むかご

Img_3037
12月に入ってから1日はセーター一枚着ただけでも暑く感じるような陽気、2日は雨から強風雨そして今日は晴れたものの風が強いと、めまぐるしく天気が変わった三日間でした。今日は畑の隅に一本ある温州みかんを野鳥がつつき始めたので全部取り入れました。温州みかんを野鳥が食べに来たのは初めてです。今年は春の長雨でどの作物も実の付き具合が悪く、鳥たちも食べ物に窮しているようです。みかんを取り込んで野菜畑に行く途中、何か踏んだなと思って足元を見てびっくり。隣に続く細い道をむかごがぎっしり敷き詰めたように落ちていました。昨日来の強風で飛ばされたようです。キンカンの木に這っていた自然薯のむかごです。とても粒が大きく、夕食にむかごご飯にしたら大きさだけは銀杏ご飯のように見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »