« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

栗拾い

Img_2093_2
連日36度前後の猛暑の中でも栗はイガを開き始めました。昨日、今年初めての早生栗を拾いました。こんなに暑い中栗拾いをしたことがありません。でも栗を見ると涼しくなるまでもう少しの辛抱と思えてきます。早速今日直売所に出荷しました。栗はまだ家の他もう一軒しか出していませんでした。直売所は今、ぶどう、梨などを買い求めるお客さんで賑わっています。
Dh000114_2
以前、友人たちがサンダル履きで早生栗を拾いに来て、イガに刺されながら栗を拾ったことがあります。彼女たちは栗はイガから飛び出している状態のものを拾うと思っていたのです。痛かったでしょう。これから栗を拾いにこられる方は運動靴をわすれずにね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四角豆の初出荷

Img_2082
四角豆を直売所(ファームステーション バサロ)に初出荷しました。昨年は栽培履歴を出していなかったため出荷できなく隣近所や友人にあげたりしました。今年は最初から出荷を念頭に入れて畑の2ヶ所に四角豆を作り、できもいいようです。Img_2086
直売所に持って行くと事務所の人たちが2・3人寄って来られて、「これが四角豆ですか?」と珍しそうに見て、「てんぷらで食べるとおいしいです」と書いてあるポップを探して来ますねと言ってくれました。夏野菜の種類が少ない今の時期、お客さんに喜んでもらえるといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋酔アート展

私の元同僚で、娘の恩師でもあるM先生が中心となって、職域を越えていろいろな人が芸術作品を発表する活動をしてあります。その発表の場が秋酔アート展で、今日までと聞いていたので会場の朝倉市中央図書館2Fへ行ってきました。会場にはいろんな絵を描いた小石のペーパーウエイトや見ているだけで楽しい気持ちになる絵画や手作りのCDのジャケットなどすばらしい作品ばかりでした。M先生と久しぶりに会って在職中の私のサザエさんぶりを娘を前に話され、「母がいろいろご迷惑をかけたんでしょう」と娘が言えば「いいえ他にもいろいろ楽しませてもらいましたよ」と昔の話になりました。そして最後に話題がこのブログのことになり、「Y子さん(娘)が出てこないですね。これからはY子さんも登場させてください」と。帰りの車中「M先生に会えて今日は楽しかった」と娘。会場で頂いたM先生が編集されている美術・文芸総合雑誌『秋美』22号は沖縄でシーサーつくりをしていて元秋酔アートのグループの一員で昨年30歳の若さで亡くなった、私の元仕事仲間の息子さんの特集でした。帰宅して読んでみるとなんと最初のページに私の名前。彼が以前発表したセラミックの粘土細工をとても緻密でかわいいと感想を書いているものでした。昨年自宅にご焼香させてもらいに伺ったとき、いろんなシーサーが置いてある部屋の隅にそのセラミック粘土細工が飾ってあったのを見つけて、彼は本当に無念だっただろうと、あらためて思ったものでした。彼のご両親の心が少しづつでも軽くなっていくことを願っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダイコンの漬物

Photo
暑いですね。挨拶はいつも同じですみません。昨日の朝倉市の最高気温は37.3度で全国で5番目に高い気温だったそうです。もちろん福岡県では1位。こうなると競争社会を生きてきた団塊の世代のあきれた性で全国何位かを競いたくなったりします。さてこんな暑い日はダイコンの漬物がとってもおいしいです。直売所(ファームステーション バサロ)にいったら熊本県の波野村からのダイコン、キャベツ、トウモロコシがたくさん出荷されていました。こんな暑い時にダイコンを作ることはなかなかできません。漬物にしようと一本買ってきました。作り方は簡単です。
①ダイコンの皮をとり銀杏切りにし、新鮮保存バッグに入れる  ②①に適量の塩、酢、砂糖少々、鷹のつめ、羅臼昆布を切って入れ、冷凍していた柚子の皮を少々入れる ③密封しよく混ぜ冷蔵庫で一日置く
これで出来上がりです。
ダイコンは冬のものですが、夏のダイコンの漬物は食欲の落ちた時は特にお薦めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パウンドケーキつくり

Img_1822
なんとなく忙しかったお盆も終わり、お盆のだんごに変わって今日はパウンドケーキを作ることにしました。
シフォンケーキはバターを使わないぶんカロリーが少なくいのでよく作るのですが、パウンドケーキは娘の小さい頃作ったり、勤務先の高校の文化祭で家政科の目玉商品で職員枠でよく買っていましたが自分で作るのは久しぶりです。幸い、グリーンコープの焼き型付きでしかもパウンドケーキミックスという優れものがありました。牛乳もベーキングパウダーも砂糖もミックスしてあるものです。バターを泡立て器で練り、卵とパウンドケーキミックスをまぜるだけ。今回は栗の甘露煮を細かく切って入れてみました。170度で30分焼き、できあがりです。
Img_1825_2
簡単に出来た分、何かちょっと達成感が無いような気もしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風被害

Img_1807
最近新聞の天気情報だけしか見ていなかったら、なんと台風が来ていたとは。果樹栽培の盛んな朝倉市は台風には毎年悩まされてきました。特に対馬海峡を通る台風は被害が甚大になることが多いのです。今、梨、ブドウ、最後の桃(川中島)が被害を受けそうでしたが、幸い台風の勢力が弱かったことと、対馬海峡の北よりのコースをとったため被害はなかったようです。よかったと思って畑に出てみると友人から種芋をもらって植えていた里芋の赤目大吉が5株ぐらい根っこから倒れていました。大きく元気に根を張ってたくさんの里芋ができるのを楽しみにしていたのに悔しいですが、これくらいの被害ですんだのでよかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6日ぶりの夕立

Img_1793
毎日暑いですね。昨日は待望の夕立がきました。このところいつも夕立の雲が東の端まで来て今日は降るかなと思わせてパラッと降ることはあっても、なかなか本格的に降りません。「夕立雲さんよ、もうちょっとこっちにきてくれ~」と言いたくなるような日々でした。昨日は予報では3時ごろから雨マーク。お昼を過ぎて高校野球を見ていると、甲子園は試合直前に雨。こちらはお昼寝をしている間に、耳納山地の方から黒い雲がもくもく涌いてきて2時45分から大粒の雨が風と一緒にやってきました。ちょうど予報どおり待ちに待った6日ぶりの夕立でした。これで野菜たちも元気になります。夕立3日といいますので、あと2日降ることも期待しています。写真は午前中撮った「あせび」の池に咲いていたスイレンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草取り、草刈り

Img_1734_2
この2・3日、雲の多い日が続いてジリジリ照りつけるような数日前より気温は低めです。気になっていた自宅横の野菜畑の草刈りを今日こそしようと、刈払機を持って草を切り始めると曇っていた空が急に明るくなって太陽がジリジリ照りはじめ、作業を止めると曇り、始めると照りだすという意地悪な雲に悩まされました。それでも、ナス、うりずん、オクラ、ピーマン、サトイモ、キュウリ、岡わかめの草取りと空いた土地の草刈りが朝夕ちょこちょこ取っていた分もあってやっと何とか畑らしくなりました。畑のなかでほっとしていると高校の同級生が通りかかりました。彼は里帰りしてお墓掃除に行く途中とか。卒業後44年ぶりで、同級生の近況を伝えあったりした後、彼は「畑には草はあったほうがいいらしいですよ」と言ってお墓のほうへ登って行きました。いくら草はあったほうがいいといっても草の中から野菜を救出するようになっては困りますからね。写真はうりずんの花です。うりずんの種をあげた方も、もう花が見られる頃でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »