« 『やさしく編む 竹細工入門』稲垣尚文 著 日貿出版 | トップページ | シンビジュームの花芽 »

烏骨鶏が卵を温め始める

Img_0861
29日、夫が「あせび」から帰宅するなり「烏骨鶏が座って卵を温める格好をし始めた」と言いました。歳時記カレンダーを見ると30日が鶏始乳(にわとりはじめてにゅうす)とありニワトリが卵を温め始める頃と書いてあります。ちょうどぴったりです。早速取っておいた8個の卵を温めている烏骨鶏の下に一緒に入れ、合計9個を抱かせました。孵化するまで21日くらいかかりますので2月の20前後には可愛いヒナが見られそうです。孵化率は7割ぐらいと一般には言われていますが、いつも家では8割は孵化しています。黒・茶・白この3色のいずれかが生まれるのですがその割合はヒナができるまでわかりません。今は温めている親鳥の姿を鶏舎に見に行くのが楽しみです。

|

« 『やさしく編む 竹細工入門』稲垣尚文 著 日貿出版 | トップページ | シンビジュームの花芽 »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478420/33207128

この記事へのトラックバック一覧です: 烏骨鶏が卵を温め始める:

« 『やさしく編む 竹細工入門』稲垣尚文 著 日貿出版 | トップページ | シンビジュームの花芽 »