« 『半島へ ふたたび』 蓮池薫・著 新潮社 | トップページ | ペーパースクリーン版画 3 »

日照不足

今年はいつもの年より多くの初盆参りをすることになりました。その中には同級生も含まれています。そこで、いろいろな世間話をしたりします。そのなかでどの農家の家も日照不足を嘆いていました。福岡の7月の日照は例年の40何%、8月は50何%と報道されていて、これは作物が順調に育つのにはかなり不足していることになります。ブドウ栽培農家はブドウの色つきが悪く出荷できない、稲作農家は稲の色が緑から黄緑になって肥料をやらなければならないのにまだ緑のままで肥料がやれないと言っていました。農業は本当に天候に左右される仕事で、今年のように不順な天気が続くと収入に大きく響いてきます。早く夏の太陽が戻ってきてほしいものです。でも、外は今日も雨。

|

« 『半島へ ふたたび』 蓮池薫・著 新潮社 | トップページ | ペーパースクリーン版画 3 »

農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478420/30940462

この記事へのトラックバック一覧です: 日照不足:

« 『半島へ ふたたび』 蓮池薫・著 新潮社 | トップページ | ペーパースクリーン版画 3 »