« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

ビワの実

Photo
1月中旬に茶色の地味な花を咲かせていた、「あせび」の前の畑にあるビワが黄色い大きな実をつけ、もう何回か食べましたが、今年は晴天が続き甘みの多い美味しいビワになりました。数年前、明日取って食べようと思って、翌日行ってみると、昨日まで枝もたわわについていた実が影も形もなくなっていました。誰が取ったのだろうと近所の人に尋ねてみるとカラスが何羽も来て食べていたとのことで、がっかりするやら、こんなことなら近所の人に食べてもらえばよかったと思ったものでした。今日ビワの実を取りに行くと2羽の小さなメジロが美味しそうな色のものから食べていました。小さな食べた跡のあるビワの実がいくつもありましたが、カラスほどの被害はないようで美味しいビワがたくさん食べられそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーパーク あまがせ

002
農作業が一段落したので、11時から天瀬温泉に行き温泉に入り、食事をしてから、今が満開のポピーを見にフラワーパークあまがせに行きました。場所は天瀬温泉から杖立温泉に抜ける途中の五馬高原にあり、高原の広い丘陵地一面に咲いているポピーは見事です。ポピーの他に広いデージーの畑も。ちょっと離れた丘陵地には2・30頭の乳牛がのんびり草を食んでいるのが見えます。その横には肉牛も。高原からは360度の全景が見渡せます。久しぶり家族でのんびりと花と温泉を楽しみました。001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡市近郊に住む友人から「そろそろ蛍の姿も見られるのでしょうか?」との手紙を受け取り、すっかり忘れていた蛍のことを思い出し、8時半ごろ見に行きました。蛍見に来られるお客さんもおられるので蛍が出ているかどうかは重要なことなのでした。いつもの穴場に行ってみると、いました、いました。真っ黒なキャンパスに黄色い絵の具で描いたような光跡がとても綺麗でした。一度見に来られませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石橋美術館

久留米の石橋美術館で美術館創設者の石橋正二郎生誕120年を記念してというテーマで120点の所蔵作品を展示しています。美術館に行ってきた友人からの感動のメールを受け取ったのと、別の友人が久留米連合文化会の会員で会員美術展の招待状ももらっていたので行ってきました。会員美術展に展示してある友人の染色の作品は大胆な表現、綺麗な色使いですばらしいものでした。しばらく作品の前のソファーに座り込んで見入りました。美術館所蔵の作品はみんな一流のものばかりで教科書で見たものもたくさんありました。その中でもマリーローランサンの『2人の少女』、藤島武二の『天平の面影』などが印象に残りました。この展示は7月5日まで開催されます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タマネギの収穫

Photo
タマネギの茎が倒れ始め、収穫の時期になりました。この3年間はトウが立ち、うまくできませんでしたが、今年は誰にでも見せたいような立派な大きなものができました。手抜きすればよいものはできないということがよくわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝承料理教室

001
16日(土)、4月に申し込んでいた伝承料理教室に一緒に行く予定だった友人が当日行けなくなって、一人で参加しました。受講者はアラフォーならぬアラ還が6人と幼児をセンターの託児所に預けて参加している若い人数名。作るものは押し寿司といちご大福。班をアラ還と若い人と2つに分けて作業を進めました。包丁さばきのうまい人、段取りの得意な人のなかで私はかろうじて薄焼き卵を焼いたり、洗い物をしたりしました。押し寿司は型が一対になっていて違う型を使って抜けなくなって大工さんのようにかなずちで抜かしたりというハプニングもありましたが綺麗にできました。いちご大福も簡単にでき感激。野菜の切り方もなるほどと思わせるコツがいくつもありました。途中、頂いたレジメの⑥に③を入れてと書いてあるのが⑥は何で③は何だったか分からなくなり、こっそり講師のえんま帳をカンニングして書き写しました。アラ還仲間といろいろ話をするうち、皆さんとても前向きでいろんな特技や資格をもっておられる素敵な人ばかりで、次回の前に一回集まろうということにまで発展しました。
とても楽しい料理教室でした。002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

織りのバッグと小物

001
手織りの服を作った残りの布がたくさんできます。残り布でバッグや小物を作るのは私にとって時間のかかる割りにいい作品ができません。それで弟嫁のお母さんに頼んでいます。81歳というのにすてきな柄あわせでセンスのいいバッグを作られます。そのお母さんは10年ほど前は6年ぐらい病院のベッドの上での生活をされていました。私が父とお見舞いに行ったときはもうこのままの生活が続くのでは・・・と思ったものでしたが、完全に良くなられたうえにこんなすてきな作品を作られるようになりました。これからも元気ですばらしい作品をつくって頂きたいと思っています。002

| | コメント (4) | トラックバック (0)

食器棚の整理

もう何年も前から自宅の食器棚をすっきりしたいと思いながらなかなか取り掛かる決断が付かずにいました。今日、気合を入れて食器棚の整理に手をつけました。まず棚から食器を全部取り出し、もうこれは使わないだろうと思うものだけをダンボールに入れました。これが思ったより手間取って、特に人から何かの記念に頂いたものなどは置いておきたく、そういうものが思ったよりたくさんあったりして、なかなかすっきり減らすことができません。でも20組揃いの茶碗などはこの際と捨てました。捨てたもので一番多かったのは揃いでない小皿でこれが場所をとって食器棚がすっきりしなかったことがわかりました。思いっきり捨ててやっと棚が整理できました。あまり余計なものを買わずこれを維持していかなくてはと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手揉みの新茶

008
自宅の周りには境界に沿ってお茶の木が植えてあり、本数もたくさんあります。ここに家を建てて12年。そのお茶の葉で初めてお茶を作りました。細かい作業の得意な夫がお茶の葉を辛抱強く(本人は楽しくしているのでしょう)採って、釜で乾煎りして、筵の上で揉みます。それから一日陰干しをして、そしてまた釜に入れてゆっくりゆっくり炒ります。義母がしていたことを思い出しながら作ったそうです。連休に来られたお客さんにその新茶を飲んで頂きました。無農薬であることとその懐かしい香りを喜んでいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コイシテイルカ(みんなのうた)

5月1日お昼、NHKのテレビでさかなクンのコイシテイルカを初めて聞きました。以前一度スタジオパークでさかなクンのトークを聞いたことがありましたので、この歌を聞いた時、さかなクンじゃないかなと思ったいたらやっぱり歌もイラストもサックスもさかなクンでした。初めて聞いたときからこの歌が好きになり、お気に入りに入れて時々聞いています。娘にやめときと言われながらもめげずに楽しんでいます。しみじみとした歌もいいけどこんな軽快な歌も夢があっていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休で忘れられた自宅

001
2日から6日までの連休期間、いろいろな人が宿泊して体験をされました。危うくダブルブッキングしそうになりました。「あせび」では宿泊は一日1グループだけにしています。今回は4グループの方に利用していただきました。
004
竹細工体験、005002

織物の体験、007

タケノコ掘り体験など楽しんでいただきました。
連休中は自宅は片付ける暇がなく、ちらかりっぱなしでした。それで、今日はお風呂の大掃除をしました。ぼちぼち他のちらかっている所も片付けていかなくっちゃと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »