« 別れ | トップページ | かすり »

動物病院へ

Photo
8日午前3時半、タロクン(敬称略・9歳)の奇妙な泣き声で目が覚めました。この時間にそれも日曜日にこんな声を出されてはご近所の迷惑になると声の方向に慌てて行ってみると、鉄線に絡まって動けなくなっていました。タロクンはいつも散歩しなくいいように犬小屋から15mくらい離れた木まで鉄線を張ってその間を鎖で移動していますがそれが絡まってしまったのです。現場に行ったもののどうしようもないので、早く泣き止むように鎖からはずしました。その朝からずーっと昨日まで餌も水も飲まず、衰弱してきました。タロクンは柴犬で番犬としては非常に優秀で、家族がどこか行くときは必ず顔を出し尾っぽを振って見送りをしていました。そういえばこのごろあまりかまっていなかったなぁ。それで昨日家から車で5分の動物病院へ軽トラックに乗せて連れて行きました。体温、尿検査、血液検査といろいろして「別に特に悪いところはありませんね。注射をしておきましょうね。」(何の注射かわかりませんが・・・。)「暖かくしてやってくださいね」とのこと。治療代3500円也。昨日から家族みんながタロクンにとてもやさしくなり、今日も美味しいそうな犬缶を買ってきてやりました。やっとちょっと食欲がでてきたようです。

|

« 別れ | トップページ | かすり »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

タロクン元気になるといいですね。私の友人は猫白血病の治療のため8000円かかり、結局治らず葬式、お墓代で大変な出費になったそうですよ。

投稿: みゆ | 2009年2月12日 (木) 19時37分

ありがとうございます。今日もまだ食欲がなく、寝てばかりです。みゆさんの友人の方はきっと猫大好きな人だったんですね。ペットの死はそういう人にとって大変なショックらしいです。その点、家のタロクンはペットはペットですが、それ以上にセキュリティを責務としています。セキュリティ代と思えば治療費は安いものですね。

投稿: ジャスミン | 2009年2月13日 (金) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478420/27993177

この記事へのトラックバック一覧です: 動物病院へ:

« 別れ | トップページ | かすり »