« 「帰ってきた次男坊の農業歳時記」というサイト | トップページ | シイタケのレシピ(ふきのとうを使って) »

ある葬式

Photo
先日、父の従妹が90歳で亡くなり、隣町の葬祭場で葬儀がありました。父の従妹であるそのおばさんはとても明るく、いつも笑顔で周囲の人たちに親しまれていました。おばさんは2人姉妹でお姉さんは長く小学校の教師をした後、幼稚園の教師もして、凛としていました。おばさんの方は農家に嫁ぎ、喪主である長男の言葉では「農業はいやいやと思いながらやっていました」とのこと。喪主の挨拶のなかで「母は海外旅行がすきであちこち行きました。そのことはとても良かったと思いますが、カラオケが大好きだった母のためにカラオケ室を作ってやればよかったとそのことがとても心残りです」とのこと。そういえばおばさんは澄んだ美しい声で歌が上手だったことを思い出しました。葬儀は型どおりしめやかに行われましたが、納棺のとき突然葬祭場のスタッフの方が「故人がカラオケがお好きだったそうなので故人のお好きだった音楽を流します」と言って演歌が流れてきました。粋な計らいに娘さんも涙を流しながら喜んでいました。明るいおばさんのため生花も菊とかだけでなく明るい色の花を多く使ってあり、おばさんらしい葬式になったなと感心しました。これからは型どおりの葬儀でなく、このような個性的な故人にふさわしい新しい型の葬儀が流行ってくるのだろうなぁといろいろ想像しました。写真は斎場から持ち帰って家の出窓に飾っている生花です。

|

« 「帰ってきた次男坊の農業歳時記」というサイト | トップページ | シイタケのレシピ(ふきのとうを使って) »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478420/27029714

この記事へのトラックバック一覧です: ある葬式:

« 「帰ってきた次男坊の農業歳時記」というサイト | トップページ | シイタケのレシピ(ふきのとうを使って) »