« 『父・藤沢周平との暮し』 遠藤展子・著 | トップページ | 森の中のさをりの館 »

三尺ささげ

001
自宅横の畑に三尺ささげが今たくさんできています。採り遅れると硬くなると聞いていたので採ってみたのはいいのですが、どういう風に料理したらいいのか分かりません。それで私が野菜の作り方を時々教えてもらっている畑の先生(70歳後半の方で、鹿児島から来られて、私の家と道を挟んで前の家の娘さんの家族と同居されています)に三尺ささげを持って「これはどんな風にして食べるのですか?」と尋ねました。すると少し耳が遠い方なので「ありがとう。ありがとう。」と言って私の手から三尺ささげを持とうとされます。私は笑って「食べ方が分からないので習いに来たのですが・・・」というと「あーそうね。これは味噌汁にもいいし、油いため、煮付けにもいいよ」と教えてくれました。あんまり嬉しそうに持ってあったので、「半分ですけど食べてください」と言って渡したら、鹿児島のイントネーションで「ありがとう。畑仕事、楽しそうだけどあんまり無理しなさんなよ」と言ってくれました。

|

« 『父・藤沢周平との暮し』 遠藤展子・著 | トップページ | 森の中のさをりの館 »

農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478420/24415027

この記事へのトラックバック一覧です: 三尺ささげ:

« 『父・藤沢周平との暮し』 遠藤展子・著 | トップページ | 森の中のさをりの館 »