« 水俣 愛林館 | トップページ | ループ線と心温まるおもてなし »

水俣のカゴ屋さん

水俣のカゴ屋さんから教えられた近道を行くとどこかにあったような光景だなと考えたとき、ふと私の好きなPhoto
漢詩「尋胡隠君」(水を渡り また水を渡る 花を見 また花を見る 春風江上の道 覚えず君が家に至る)を頭の中で想像していた風景にぴったりでした。昨年夏に私の家に遊びに来ていただいて以来7ヶ月ぶりの再会でした。家の中には出来上がったばかりのような背負いカゴとご飯カゴが置いてありました。背負い籠は青竹の色がとても綺麗で、タケノコなど入れるのはもったいない気がしました。茶碗カゴもとても細いヒゴが使ってあって、芸術品の趣でした。竹細工初心者の研修生と夫のためにヒゴ取りを実際見せていただきましたが手の動きがリズミカルで見とれてしまって写真を撮るのを忘れてしまいました。それとビデオカメラを持ってこなかったのが悔やまれました。

|

« 水俣 愛林館 | トップページ | ループ線と心温まるおもてなし »

竹細工・織物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478420/11988282

この記事へのトラックバック一覧です: 水俣のカゴ屋さん:

« 水俣 愛林館 | トップページ | ループ線と心温まるおもてなし »